ワーキングホリデーってそもそも何?その制度やも目的の基本的な話・・・。

ryugaku_014

そもそも「ワーキングホリデー」とは若者限定の制度です。

国際交流を目的とした、18歳~25歳(若しくは~30歳)対象の特別なビザです。海外で1~2年間「学ぶ・働く・生活・旅行」など多くの体験をする事が出来ます。ワーキングホリデーは協定によって行われており、日本が締結しているのは12か国です。
(オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・アイルランド・フランス・ドイツ・デンマーク・ノルウェー韓国・台湾・香港)

海外で働くという貴重な経験が出来るのもワーキングホリデーの魅力でもあります。留学とは違い就学期間は大凡半年と制限が設けられているので、より集中して学習を行えます。

ワーキングホリデーでしか体験できないことも多くあり、自ら調べ、考え、行動する事で大きく成長します。きっと帰国後は「違う自分」になっているはずです。自分に合った渡航先を見つけ、新しい一歩を踏み出してみましょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。