フランスのワーキングホリデーはパリがメイン。就労時間も制限少なく自由度も高い。

ryugaku_058

フランスのワーキングホリデー制度は1999年スタート。就学、就労期間に制限が少なく自由度が高い国。フランスは元々旅行先としても人気であるため、ワーキングホリデー先としても注目されています。

フランスの滞在先としてはパリがメインです。

パリ

街全体がまるで美術館のようなパリは多くの人が憧れる街です。
渡航者は多く、仕事の多くが集中しています。日本料理店、日本企業の支店などでの仕事も見つける事ができます。しかし、日本に関連する職場以外ではフランス語が必要とされる事が多いようです。また軒並み物価が高いので、必要経費は多く見積もっておかねばなりません。

パリではフランス語が必要とされるため、地方の語学学校で基礎的な語学を習得するのも手。「トゥール」はフランス語が美しい地域と言われ、語学習得には最適な環境です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。