アイルランド留学のワーキングホリデーは実は自由度が高い?就労期間や就学のこと。

ryugaku_056

アイルランドでワーキングホリデー~人気の滞在先は?2007年にスタートしたアイルランドのワーキングホリデー。就学、就労期間への制限が少なく自由度の高さが特徴です。
ワーキングホリデーの歴史は浅いですが注目したい国。

アイルランドのワーキングホリデーはダブリンでスタートする場合がほとんどです。人口の3分の1が集中し、仕事がダブリンに集中しています。アイルランドの文化を体験してみたい場合は地方滞在も可能です。北海道よりも遥かに高緯度に位置していますが、メキシコ湾流の影響により冬の平均気温は東京都心と大差がありません。仕事は少なめですがオーペア(ワーキングホリデー滞在者向けのベビーシッター)など就ける仕事もあります。

ダブリン

アイルランドの首都ダブリンは100万人が暮らしている大都市です。主要大学が集まり、学生が多く活気溢れる街。語学学校も多くありますが、日本人は少なめです。ワーキングホリデーで就ける仕事の多くはダブリンに集中しています。比較的英語力が必要とされます。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。