ドイツでワーキングホリデーの際の具体的な申請方法(条件など)を調べました

ryugaku_080

ドイツワーキングホリデーの申請は、ドイツ大使館で行います。来館前に大使館の予約システムで面談予約をしておく必要があります。
新潟、長野、山梨、静岡から北海道までに居住している場合は東京のドイツ大使館、それ以外は、大阪のドイツ総領事館で申請を行います。

なおビザの発給までは約2~3日とされています。保険代理店より健康保険料の支払い状況が確認出来次第の発給となるため、確実に保険の手続きを済ませておく必要があります。

申請条件
18歳~30歳(31歳の誕生日を迎えるまで申請可能)
日本国籍を有すること
同伴する子どもがいないこと

ビザの発給後3ヵ月以内に入国をしましょう。ドイツでのワーキングホリデービザの有効期限は1年間です。またドイツのワーキングホリデービザでの滞在中に必要があり、法律的な条件が満たされている場合には、多種のビザへ変更が可能です。
ドイツ国内で変更申請を行えますので、滞在地区の外国人局で連絡をとりましょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。