イギリスのワーキングホリデー″YMS″って何?費用や申請に関する斜め読み

ryugaku_066

イギリスのワーキングホリデーは「Youth mobility schemeユース・モビリティ・スキーム(YMS)」ビザの事を指します。

本来ワーキングホリデーとは内容が異なり「就労ビザ」ではありますが、便宜的に同意で使われています。ワーキングホリデーは「観光(休暇)+就学・就労」ですので主目的を就労とする必要はありません。
対してYMSは「就労」を目的として入国しなければならず、就学と観光はしなくても構いません。対象年齢は18歳~30歳、滞在許可は2年間です。

YMSビザの発給数は1,000人、毎年1月に抽選が行われます。1月上旬の締切以降に追加補充はありません。就学・就労期間に制限はなく、ビザの有効期限内いっぱいの就学・就労が可能です。
ただし、前述のとおり主目的を「就労」にしなければなりません。

ビザはオンライン申請でPBSというポイントシステムを利用します。申請後に東京若しくは大阪のビザセンターで申請料金支払いと生体認証情報の登録を行います。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。