オーストラリアのワーキングホリデー「具体的な申請方法」をシッカリ読みしましょう

ryugaku_065

オーストラリアのワーキングホリデーは体験談ブログなどでも一部書いていますが、「eVISA」というインターネットサイトで行います。
「eVISA」に関するやりとりはメール・FAX・郵送で選択が可能です。

代理人を立てた場合は代理人宛に連絡されます。

手順は以下のとおりです。

オーストラリア「eVISA」の申請ページにアクセスします。
ワーキングホリデービザを選択
表示項目を回答入力する
申請完了

健康診断の受診が不要な場合は約2日~1週間程度でビザが発給されます。それ以上の時間がかかることも考えられるため、余裕を持った申請を行いましょう。

発給されたビザには就学期間等条件が書かれています。「eVISA」は電子サービスですので自分で印刷し、携帯しておく必要があります。パスポートに就労許可付きのビザシール(無料)を貼ってもらうために、オーストラリアに入国後に移民局へ行きましょう。

※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。