オーストラリアのワーキングホリデー – 費用(申請料金)や年齢のことを斜め読み

ryugaku_062

ワーキングホリデーは若者の国際感覚や知識習得を支援する制度です。
海外の文化を体験するだけではなく、アルバイトをする事で滞在費用を得ることが出来ます。

ワーキングホリデー以外にも「ワーク・アンド・ホリデー」という制度もあります。
これは高校卒業資格者を対象にしたもので、
オーストラリアではトルコやアメリカ、チリ、タイと協定を結んでいます。

ワーキングホリデーで絶対必要な費用の1つにはビザの申請料金があります。ビザが無ければ国へ入る事が出来ませんので、必ず必要となります。料金は渡航先によって大きく金額が変わります。

例えばオーストラリアでは平成27年現在で「au$420」必要です。現在のレートではおおよそ42,000円ほどです。レートは変動しますし、申請料金も変更される場合があります。事前に最新の情報をチェックしましょう。(オーストラリアの申請料金はオーストラリア政府の公式ページで確認可能です)

※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。