ワーキングホリデーの3大意義『生活する・学ぶ・働く』を経験すること。

ryugaku_060

生活する

ワーキングホリデー中は当然ながら海外で暮らしていかなければなりません。海外の衣食住様々な文化に触れながらの生活は、驚きや発見の連続です。滞在中はホームステイやシェアハウスなどを利用します。中には自分で物件を探し契約をする人もいるようです。生活の中で自然と語学力もついてくるでしょう。

学ぶ

どの国でも約半年間は学校に通う事が出来ます。先に語学力をつけ、その期間に就労先を探す人が多いようです。語学学校だけではなく、専門分野に関するコースを選択することも可能です。

働く

ワーキングホリデーの魅力は海外で働けること。日本料理店や観光地の土産物店など語学力に自信が無くても働ける場所はあります。就労先はサービス業が多いようですが、農作業やベビーシッター、オフィスワークなどもあります。自分の経験を活かしたい場合は、事前に渡航先の職種や必要スキルを調べておくと良いでしょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい!『留学』の知識

これから海外留学を考えている人に知っておいてもらいたい事を3つにまとめてみました。留学と言っても高校で検討しているのか大学からなのか?アメリカ、オーストラリアなど国はどこなのか?語学を学ぶことからはじめ資格取得を考えているのか、その為の期間は長期なのか短期なのか、費用の事などあなたの目的や予算にあった留学の知識を紹介します。