小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります…

いくら需要が高いからと言って欲を出しすぎるのはNG、妥協してよいところは妥協しましょう。

転職が難しいのは皮膚科の医師は供給が高いから!

診療科によって、医師の数に差が生じます。医師が少なすぎる診療科もあれば医師が多すぎる診療科もあるという訳です。特に小児科というのは、現在もっとも医師不足が激しい診療科の1つとなっております。求人がたくさんあるのに応募者があまりに少ない状態となっています。

こう聞くと面接をしたら受かりやすいのでは?と思われるでしょうがその通り。国立から民間まで、たくさんの病院が求人を出していますから、受かりやすく転職が比較的簡単に行える診療科ともいえます。つまり小児科医師は買い手がたくさんいるので自分の働きたい条件を通しやすいもの。だからこそ、前もって働きたい病院の条件や待遇をしっかり知っておく必要があるといえます。

それでも転職をしたいなら、何が大切になるのでしょう?

フリーランスに流れる理由

ほかの診療科に比べて高年収である小児科医では、年収に対してそう不安はないことでしょう。しかしその代わり激務であったり労働時間がどうしても長時間になりがちになってしまいます。だからこそ、求人情報で見るのは待遇面などを中心にした方が賢明です。ワークシェアリングを取っている病院も最近では増えてまいりました。

ワークシェアリングというのは、簡単に言えば皆で仕事を分かち合うことで、1人当たりの負担を少なくしようという、ヨーロッパではポピュラーな雇用形態。日本ではまだ少なく浸透はしておりませんが、勤める病院を選ぶ際にワークシェアリングを行っているかどうかも参考にしてみましょう。

また、小児科は地域格差も非常に激しいことで有名です。転職の市場は地方によって、よりよい条件でありながらも年収はより高くなるなんておいしい話も普通にあります。これで小児科専門医の資格を持っていればいうことなしに、よい病院に恵まれることでしょう。

小児科医として働いていて、転職をしたくて転職をしたのに落とされた!なんてことは滅多にありませんから安心を。とはいっても自分のワガママばかりを面接で全開に出していたら落とされるのは当たり前ですから、医師専門転職サイトにいるコルサルタントに代わりに調査をしてもらうなどして、欲を出しすぎないよう、そこだけは注意をしてください。

皮膚科勤めの医師は要注意!転職はうまくいきにくい。

  • 特に小児科というのは、現在もっとも医師不足が激しい診療科の1つ
  • 前もって働きたい病院の条件や待遇をしっかり知っておく必要がある
  • 年収面で不安が少ないからこそ、求人情報で見るのは待遇面などを中心にした方が賢明/li>
  • 落とされた!なんてことは滅多にないけれど、欲を出しすぎる転職活動はダメ


いくら需要が高いからと言って欲を出しすぎるのはNG、妥協してよいところは妥協しましょう

読み上げ時間:約159秒/斜め読み時間:約36秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 12,821
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 732
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 629
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 591
  5. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 567
  6. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 567
  7. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 552
  8. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 538
  9. 医師(医者)の平均月収をご存知ですか?医師(医者)の高収入事情を簡単に比較&解説いたします! - 500
  10. 子育てママな医師(医者)に選んでほしい職場ナンバーワンは保育園のある病院。その魅力とは? - 487

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。