単純に開業すればいいわけじゃない!?医師(医者)の憧れ、年収2000万以上になるためのアドバイスと注意とは?

2000万円越えの求人は、非公開情報転職サイトから情報収集しましょう。

勤務医として年収2000万円越えを目指すにはどうしたらいいのでしょう?

世間一般から高収入と認知されている医師。けれどそれは世間から見た話です。世間一般から見た年収1000万円も、医師同士の話になると決して高収入とは言えない値段になります。医師にとっては年収2000万以上に行ってからが、医師にとっても高収入となるようです。今回は、その年収2000万円を超える医師というのはどんな風に働いているのかというお話をさせていただきます。

ではまず、医師の年収2000万円を超える仕事というと、勤務医でどうやってそれほど稼げるようになるのかをお話いたします。まず総合内科専門医や外科専門医といった風に、ハイスペックなスキルを身に着けた専門医としてのキャリアアップが1つの手といえます。

麻酔科や内視鏡検査といった資格を持っていることもまた、年収を上げるコツになります。スキルを持つことや資格を持つことで、厚い手当を受けることが出来るようになりますし、より高収入な職場への転職もしやすくなります。

もちろん昇進をもって2000万円以上を稼ぐという方法もあります。総合病院の院長の年収というのは3500万円ですから2000万円どころの話ではありません。とは言っても総合病院で院長になるためにはどの医師よりも優秀である必要があります。医師としての普通の努力ではまずなれません。

高収入の代表格である開業医。しかし借金をする可能性も!!

医師の年収2000万円越え

また、2000万円超えと聞くと、開業医を思いつく方も多いことでしょう。事実、開業医の年収は平均2000万円から。ですが開業医になるには跡継ぎでない限り自分で開業するしかありません。そして開業のためには当然高額の医療機器などを購入しなくてはいけなくなります。開業をする際には数千万円から、多い時には数億円かかる上に、2000万円を稼げるようになるには数年以上かかるというのが現実です。

さて、開業医の平均は先ほど2000万円からと言いましたが、簡単にそう行くとは決まりません。むしろ患者をうまく呼ぶことが出来ず、開業をした際の借金返済に困っているというクリニックも結構あったりします。

そもそも、病院側が高収入の仕事を公開することはほとんどありません。そういった情報は公にしていないことが多いので、
非公開求人サイトにおいてある場合が多い
のです。

これからの将来を担う医師に襲い掛かる?医師過剰というもの。

  • 年収2000万円を超える医師というのはどんな風に働いているのか
  • スキルを持つことや資格を持つことで、厚い手当を受けることが出来る
  • 総合病院で院長になるためにはどの医師よりも優秀である必要がある
  • 開業をした際の借金返済に困っているというクリニックも結構あったり


2000万円越えの求人は、非公開情報転職サイトから情報収集しましょう。

読み上げ時間:約169秒/斜め読み時間:約35秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 12,904
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 811
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 728
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 677
  5. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 641
  6. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 629
  7. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 613
  8. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 599
  9. 本当は怖い医療現場事情…こんな暮らしはもう嫌!病院の労働条件は医師(医者)にとってブラック企業!? - 560
  10. 子育てママな医師(医者)に選んでほしい職場ナンバーワンは保育園のある病院。その魅力とは? - 557

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。