高収入でも差があります!どの地位、どの職場、どの診療科目が一番?医師(医者)の年収ランキングを大発表!

どのようなキャリアを積み重ねて聞くかで年収が変化してゆくのです

医師にも生まれる年収の差。いったいどこが高いのでしょう?

医師は年収1000万以上を超えてしまう、数少ない高収入職業の1つです。とは言っても医師と一言で言っても眼科や内科といった風に様々な科目があります。職場や地位によって年収に変化が生じますが、科目によっても収入は変わってきたりもします。

こう話を聞くと、ではどの科目が年収が高いのか気になると思います。今回はそのお話をさせていただきます。職場別での年収や、地位別の年収についてもお話させていただきます。まずは科目別での年収ランキングを見ていきましょう。

診療科目別・地位別・職業別年収ランキング

医師で出る年収の差

科目別で年収の差が生じると先ほどお話いたしましたが、実は開業医として働いた場合の話。開業医では自由診療が多い科目で働くことで、年収が高くなるものです。一方大学病院などで働く勤務医の場合は科目別での年収差というのはそうありません。勤務医で年収の差が生まれるとしたら、働き手が少ない科目で働いた場合となります。

開業医や勤務医をまとめて年収が高くなる科目は、1位精神科 2位産婦人科 3位小児科となります。精神科の場合は近年の鬱増加により、需要が急増しているためです。うつ病は今や最も深刻な病気の1つでありますから、だからこそ精神科医の年収は高くなっているのです。

少子化の時代に意外にも年収の高い産婦人科と小児科ですが、こちらもちゃんと理由があります。それは医師不足の昨今において特に医師不足が深刻になっており、また急患が特に多い診療科でもあるからです。そのために24時間体制でいなくてはいけないので、より医師が必要という訳です。

また、職場別では1位国公立病院 2位私立病院 3位企業勤めとなります。国公立病院では公務員待遇となりますから、私立病院よりも賞与が高くなる場合が殆どです。ここでは記載はしておりませんが、大学病院は講師・准教授といった地位によって年収が動きます。そのために平均年収は基本低いのです。

働く地位では1位一般病院院長 2位開業医 3位一般病院部長(医長)となります。ここでは開業医は2000万を超えるほどの年収があるとお話をしてきましたが、なんと一般病院の院長ともなれば年収3000万円以上となるのです。

医師も気になっている年収ランキングをかんたん説明!

  • 職場や地位によって年収に変化が生じ、科目によっても収入は変わる。
  • 年収が高くなる科目は、1位精神科 2位産婦人科 3位小児科。
  • 職場別では1位国公立病院 2位私立病院 3位企業勤め。
  • 働く地位では1位一般病院院長 2位開業医 3位一般病院部長(医長)。


どのようなキャリアを積み重ねて聞くかで、ここまで年収が変化してゆくのです

読み上げ時間:約160秒/斜め読み時間:約41秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 12,766
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 687
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 583
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 541
  5. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 530
  6. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 525
  7. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 519
  8. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 503
  9. 医師(医者)の平均月収をご存知ですか?医師(医者)の高収入事情を簡単に比較&解説いたします! - 469
  10. 転職をしたいお医者様必見!医師の求人転職の中でも、アルバイト医師は正社員より好条件な場合があるって本当? - 462

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。