医師(医者)の求人非公開編、老健勤務は当直なしですごくいい!?転職を考える医師(医者)の方必見です!

隠れ求人には美味しいものがたくさんあります!登録をして、よい求人を探しましょう。

高齢化社会である今に適した老健勤務という働き方とは?

現代日本は別名超高齢化社会とさえ例えられるほど、高齢者の数が増加しております。だからこそ、介護施設や医療機関が充実してゆきました。その中で特に注目を集めているのが、常勤の医師がいる介護老人保健施設・通称老健です。

老健とは簡単に言うと、要介護状態の高齢者たちの在宅復帰を目的とした介護施設。介護施設は老健以外にもケアハウスやグループホームなどがありますよね?老健は介護保険制度が適用されている方が利用をします。安く利用できるというメリットがありますが、デメリットとしては長く入居することが出来ないといったものです。

老健は在宅復帰を目的としているため、リハリビ活動などをしっかり行います。だからこそ介護士だけではなく、医療の専門家として医師や看護師。理学療法士や栄養士などのスタッフが働いております。基本老健で働く医師は1人。医師が老健の施設長となり、入居している方々のかかりつけ医となります。

老健で働く医師の仕事は、健康管理は勿論の事。予防接種や健康診断、処方箋の発行や自立支援、外部医療機関と連携などになります。書類作成などの業務も多くなるのです。こう見るとなんだかとても忙しそうで魅力的に感じないかもしれません。しかし老健で働くことで素敵なメリットもあります。

老健で働くメリットとは?なんと当直義務がない!?

隠れ求人の老健

老健で働くメリットは、施設の代表者として自分のペースで仕事ができるということです。自分のペースで働くことが出来るからこそ、当直業務が原則ありません。だからこそ普通の病院のように激務ではなく、体力的に働きやすいのです。

また、患者1人1人にしっかりと接することもできるために医療関係だけではなく、介護の知識を身に着けることが出来るのも大きな魅力の1つといえます。それに施設は地方にもたくさんありますから、勤務場所の選択肢が広いのです。

とは言っても1つの施設に1人の医師という働き方ですから、そう求人が多いわけではありません。こういった募集数に限りのある求人は、基本医師専門の転職サイトで探す方がいいのです。ぜひ老健で働くという選択肢も、視野に入れてみましょう。

転職を考えるなら、老健勤務を視野に入れませんか?

  • 現代日本は別名超高齢化社会とさえ例えられるほど、高齢者の数が増加。
  • 注目を集めているのが、常勤の医師がいる介護老人保健施設・通称老健。
  • 老健で働くメリットは、施設の代表者として自分のペースで仕事ができるということ。
  • 募集数に限りのある求人は、基本医師専門の転職サイトで探す方がいい。


隠れ求人には美味しいものがたくさんあります!登録をして、よい求人を探しましょう。

読み上げ時間:約156秒/斜め読み時間:約39秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 12,997
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 910
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 860
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 795
  5. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 741
  6. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 736
  7. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 705
  8. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 701
  9. 本当は怖い医療現場事情…こんな暮らしはもう嫌!病院の労働条件は医師(医者)にとってブラック企業!? - 644
  10. 医師(医者)の平均月収をご存知ですか?医師(医者)の高収入事情を簡単に比較&解説いたします! - 643

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。