医師(医者)にはうつ病の恐れあり?本当は怖い医療界のうつ病の現状と、うつ克服のお話を致します。

自分が鬱になるわけない。その過信は後々怖いものに変貌します

うつ病は増え続けており。、特に医師はなりやすい

近年うつ病になってしまう方が多く現れるようになりました。うつ病は30代と40代に特に多く、またうつ病事態も年々増加傾向にあります。それは医師の方も例外ではありません。死に物狂いで重ねた努力に、医師になったら人間関係のトラブルや責任の重さに心が耐え切れなくなってうつ病になってしまう方が後を絶ちません。

今回はうつ病にスポットライトを当てて、医師の方のうつ病の現状や転職をするまでに行えることなどをお話いたします。現代社会ではうつ病が深刻な社会問題となっています。職場のストレスチェックが義務化されたとはいえ、うつ病はすぐに減少していないのです。

特に医師という職業は、医師不足による過労と気を抜くことが出来ない張り詰めた状況下や医療ミスにならないように診断に神経をとがらせたりするもの。そのため家に帰っても心休まることが出来ずに疲労感が取れません。

ゴールドライセンスを持つ素晴らしい職である前に1人の人間である事を自覚しましょう。

医師のうつ病

このように、医師という職はストレスを非常にためやすく、うつ病を発症してしまう原因が至るところに転がっているのです。その為精神科に行ってみたらうつ病と診断をされてしまい、退職をせざるを得なくなった方。また悩みを募らせてしまい自殺を選んでしまう方も増えているのです。

精神というのは体とは違い、深い傷を負ったとしても消毒をしたり縫うことなんてできません。とは言ってもうつ病は治る病気です。職場に行くだけで吐き気や頭痛を覚えるようになった方は、まず精神科に通いましょう。もしかしたらうつ病の前触れかもしれませんから、そのあとで休職しましょう。それが大切です。

うつ病は治るものですが、放っておくといつの間にか自分でどうにも出来なくなってしまい、治療に数年単位が必要とまで事態は深刻化することもあります。初期症状を見逃さなければ休職してから数カ月で職場復帰をし、うつを乗り越えることだってできるのです。復帰をする際に重いっきって転職をして、環境を変えてみましょう。

自分が鬱になるわけない。その過信は後々怖いものに変貌します。

  • うつ病は30代と40代に特に多く、またうつ病事態も年々増加傾向にあります。
  • 職場のストレスチェックが義務化されたとはいえ、うつ病はすぐに減少していない。
  • 医師という職はストレスを非常にためやすく、うつ病を発症してしまう。
  • 自分が鬱になるわけない。その過信は後々怖いものに変貌します。


うつ病初期症状に心当たりがあるのなら、環境を変えるだけでもしてみましょう。

読み上げ時間:約149秒/斜め読み時間:約47秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 13,047
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 1,002
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 936
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 904
  5. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 855
  6. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 797
  7. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 786
  8. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 777
  9. 本当は怖い医療現場事情…こんな暮らしはもう嫌!病院の労働条件は医師(医者)にとってブラック企業!? - 725
  10. 医師(医者)の平均月収をご存知ですか?医師(医者)の高収入事情を簡単に比較&解説いたします! - 717

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。