医師(医者)の半数以上が過労死の危険がある!?当直なしの仕事がしたい!医師(医者)必見の、転職のコツを大公開します!前編

後編では、当直から見を話す方法をお教えいたします!必見です!

当直は過労の原因の1つです……深夜働いた後通常の業務に入るなんてこともよくあります。

当直と聞くとアルバイトというイメージが強いのかもしれません。かつては研修医たちが給料の少なさを補うための副業として行っていたものですが、今から12年ほど前に厚生労働省が「新医師臨床研修制度」というのを設けました。

これは、初期研修期間。つまり医師免許を取ってから研修医として働いている2年間は当直のアルバイトを行えませんよという内容の制度なのです。そのため最近の新米医師たちは、当直を行えないことになっています。

とはいっても、今でも若い医師たちというのは当直に当たることが多いもの。深夜に当直した後にそのまま働くだなんてことが今でもあります。若いうちはいいのですが、年をとっても容赦なく当直後働くだなんてありますから、当直は避けたい!と考えられる医師も多いものです。

実際、勤務医の約6割が過労死の危険があり、パワハラやクレームなどから自殺を考えるという方も多いです。人の命の重さを知る医師たちですが、医師自身の命はあまりにも軽く見られているのが現状なのです。

医師不足が改善しない限り、医師の雇用形態は軽くはならない!?

医師不足

常勤の医師が勤務先の病院で当直をする場合を見てみましょう。これですと、業務を終えた後にそのまま当直に入り、終了後に通常の業務を行うことも少なくありません。もちろん、医師だって人間なのですから、当然無理だって祟ります。

常に神経を張り詰めなくてはいけない。患者の急変などがあれば睡眠や休憩がとれない。当直中に受け入れた入院患者は、普通当直医が担当するために、負担したくない医師が入院を断ったりする。などが出てくるのです。

こういった問題を解決するためには、交代制の見直しなどが必要になってきますが、医師不足や資金不足などで実現できていません。当直制度にはたくさんの問題がありますが、しかしそれは医師不足やお金の問題が解決されない限り、どうにもならないのも事実です。

医師不足が深刻化…だからこそ、医師の命は軽く見られてる?!

  • 当直は、かつては研修医たちが給料の少なさを補うための副業として行っていたもの。
  • 今でも若い医師たちというのは当直に当たることが多いもの。
  • 業務を終えた後にそのまま当直に入り、終了後に通常の業務を行う。
  • 当直制度にはたくさんの問題がありますが、解決できていません。


後編では、当直から見を話す方法をお教えいたします!必見です!

読み上げ時間:約143秒/斜め読み時間:約38秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


アクセスランキング【TOP10】

  1. 転職するなら知っておきたい。転職に成功した!と感じる3つの点と、転職成功のためにできること。 - 12,821
  2. これからの医師(医者)の未来は不安定?現代の問題から覗く医療界の未来とは?医師(医者)の明日はどっちだ!? - 732
  3. 医師(医者)の求人はこんなところにも!国家公務員として刑務所で働く方法と、気になるメリット・デメリットとは? - 629
  4. 医師(医者)は一般企業にも行ける?転職を考えるなら視野に入れたい他業種への転職と有利な転職方法 - 591
  5. 理想と現実のギャップに燃え尽きてしまう!?そうならないために研修医が特に気を付けたい、よい病院の選び方とは? - 567
  6. 医師(医者)は本当にお金持ち?20代医師の年収平均は、普通の会社員と大して変わらない!?その理由を解明します! - 566
  7. 小児科の医師(医者)は需要高!医師不足が激しいからこそ、転職は今が狙い目です。けれど落とし穴もあります… - 551
  8. 仕事復帰応援!子育てママな女医さんにオススメの医師(医者)アルバイトと、支払われる日給の相場について。 - 538
  9. 医師(医者)の平均月収をご存知ですか?医師(医者)の高収入事情を簡単に比較&解説いたします! - 500
  10. 子育てママな医師(医者)に選んでほしい職場ナンバーワンは保育園のある病院。その魅力とは? - 487

医師(医者)の求人・転職アレコレを紹介

医師(医者)の転職は人生の中でも大きな決断を必要とします。現状の自分に合う転職先を決める事は容易ではありません。転職にあたり何を重要視するのか、自分の希望を明確にする事が第一歩です。次に、納得した転職をするためにはより多くの情報を得る事が大切です。でも、自分自身で情報収集する事は大変な作業です。イットでは転職を考える方にお役に立てる運営をします。