売りと買いのFX。2種の行動が奥深いのです。

fx_008

FXに限らず、株などの相場を見て利益を出すものは、一見簡単に見えるかもしれません。

ですが、例えば、1年の収支を見ても儲かっている投資家の割合が50%を越えることは難しいものだったりする事の事実を知って取引を行っているトレーダーが果たして何割なのでしょう。

私も専業、副業での何人ものトレーダーとお話をする事がありますが、負ける理由として『円高だったから』や、『自分のトレードスタイルが未だ確立されいない』と言った類の言い訳は良く耳にします

しかし、FXにおいて、私はそんな理由や外的要因はあまり関係無い事を常日ごろから発言しています。

数年前であれば金利(スワップ)投資が全盛期でどこもかしこも設けていました。ですが、それも本の一割なのです。つまり、普通に投資をしていけば儲かるというのは世間一般のイメージであって、実際はなかなか難しい世界だったりするのです。
その為、FXで利益を出そうとするのなら、経済学に加えて、心理学を学ぶことに私は重点を置いて取引に挑んでいます。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由


完全自動利確システムMonthly

あわせて読むならこんな記事


完全自動利確システムMonthly

知っておきたい!FXの基礎知識

FXだけではなく、資金を投入し一攫千金!を総称し、私ミスターコンパスはそれを『投機』と考えます。このご時世、老後の蓄えも必要です。投機とは、確実性は薄いが利益の大きい事を狙って行う行為のことをいいます。しかし、老後は確実性の薄い未来ではありません。確実にその時は来るのです。その為にFXに挑む方に、短期的に利益を生み出すメンタル面からのアドバイスをする為に情報の更新を行っています。これからFXを始めようと考えている方への基礎知識も踏まえ、可能な限りの情報を公開することに努力しています【FXトレーダー:ミスターコンパス】