やっぱりAGAの一番の原因は「ストレス」?その原因から起こるさまざまな脱毛症の理由。

aga_009

AGAの原因には遺伝や男性ホルモンの影響の他にも「ストレス」が挙げられます。自律神経やホルモンバランスを崩すため、様々な病気の発症や悪化に関わるストレス。
過剰な血管の収縮を招き、血行不良も起こします。そうすると毛根に十分な栄養が運ばれず、毛髪の成長が妨げられ、結果としてAGAに繋がるのです。

また、ストレスによって減少するコラーゲンもあると言われています。
コラーゲンが減少すると、髪の元となる毛母幹細胞の分化・毛母細胞への変化が促進されます。しかし一方で分裂が抑制されるため、一時的に髪は伸びますが毛母幹細胞の数が減少します。そこから変化する毛母細胞も減少するため、結果として髪が細く弱くなってしまうのです。

仕事、家庭、人間関係……ストレスフルな現代社会でストレスを0にするのは不可能かもしれません。自分なりのストレス解消方法を見つけ、上手に付き合っていかなければなりません。軽い運動はストレス解消にも血行改善にも良く、髪にとっては一石二鳥ですよ。

※イット!はオレンジ文字斜め読み


メンズクリニック

あわせて読むならこんな記事


メンズクリニック

知っておきたい!AGAの基礎知識

最近はテレビのCMでも「AGA(エージーエー)」という言葉を耳にするようになりましたが、一体それは何を指していう言葉かご存知ですか?特定される薬の名称?髪の毛を増やす治療法の名称?いいえ。そうではありません。正式名称は「Androgenetic Alopecia」といい、日本語で「男性型脱毛症」という事をAGAと呼んでいます。男性の悩む、薄毛・抜け毛の悩みがすべてAGA(エージーエー)に当てはまるという訳ではありません。ココではそんなAGAを含めた「髪の悩み(薄毛)」に関する情報を紹介しています。