AGAの原因を語る上で避けて通ることができない?男性ホルモンと薄毛の関係

aga_010

味方でも敵でもある男性ホルモン。AGAには男性ホルモンが深く関係しています。

詳しく言うと、男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素5α-リダクターゼの影響を受けて作られる「ジヒドロテストステロン」が主な原因です。
この「ジヒドロテストステロン」は胎児期には胎児の外性器の正常な分化を促す重要な役割を担っています。
しかし、思春期以降になるとAGAやニキビ、前立腺肥大などを引き起こしてしまいます。

そもそも「テストステロン」は毛髪を太く長くする男性ホルモンです。しかし対する「ジヒドロテストステロン」は「テストステロン」の約10~30倍の強さをもつ物質です。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合すると、毛乳頭細胞を委縮させ毛髪が成長する前に抜けてしまいます。その結果ヘアサイクルが乱れ、十分に成長していない細く短い毛髪が多くなり薄毛が目立つようになるのです。

※イット!はオレンジ文字斜め読み


メンズクリニック

あわせて読むならこんな記事


メンズクリニック

知っておきたい!AGAの基礎知識

最近はテレビのCMでも「AGA(エージーエー)」という言葉を耳にするようになりましたが、一体それは何を指していう言葉かご存知ですか?特定される薬の名称?髪の毛を増やす治療法の名称?いいえ。そうではありません。正式名称は「Androgenetic Alopecia」といい、日本語で「男性型脱毛症」という事をAGAと呼んでいます。男性の悩む、薄毛・抜け毛の悩みがすべてAGA(エージーエー)に当てはまるという訳ではありません。ココではそんなAGAを含めた「髪の悩み(薄毛)」に関する情報を紹介しています。