やはり・・・遺伝なの?症状も回復も個人差のあるAGAのパターンを紹介します。

aga_003

抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していく「AGA(エージーエー)」の症状にも複数のパターンがあります。
例えば額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどです。

このような症状は20代前後~35歳までと比較的若いうちにはじまり、
おおよそ4割の男女に何らかの脱毛症状が表れると言われています。

AGAを発症する年齢や進行スピードは個人差がありますが、早いと10代から症状が出る場合もあります。原因は一般的に遺伝や男性ホルモンが挙げられます。AGAの脱毛部で男性ホルモン「テストステロン」が高くみられ、髪の生え変りを阻害しているのだと言われています。

前述したとおり多くのパターンがあるAGA。早期発見はもちろん、症状を正確に判断するのも大切です。そして回復パターンにも個人差があるものですので、それぞれに合った治療を行います。進行スピードをや発症を抑えたり、「育毛」へ導くのがAGA治療です。そのためにはやはり専門医での早期治療が要となります。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由


メンズクリニック

あわせて読むならこんな記事


メンズクリニック

知っておきたい!AGAの基礎知識

最近はテレビのCMでも「AGA(エージーエー)」という言葉を耳にするようになりましたが、一体それは何を指していう言葉かご存知ですか?特定される薬の名称?髪の毛を増やす治療法の名称?いいえ。そうではありません。正式名称は「Androgenetic Alopecia」といい、日本語で「男性型脱毛症」という事をAGAと呼んでいます。男性の悩む、薄毛・抜け毛の悩みがすべてAGA(エージーエー)に当てはまるという訳ではありません。ココではそんなAGAを含めた「髪の悩み(薄毛)」に関する情報を紹介しています。