大人女子の婚期についてのまとめ

男性にも更年期障害はあります

実は、女性だけではなく、男性にも更年期障害はあるのです。男性ホルモンの減少により性欲が減退(ED)したり、やる気の減退からうつ症状が発症したり、場合によっては筋肉痛や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが上昇するなど、実に深刻な問題とも言われています。

この男性ホルモンであるテストステロンの分泌が大きく関係してくる男性の更年期障害ですが、年齢を重ねるごとに低下していくと言われています。ピーク時は20歳代で、そこからは下がっていくものです。もちろん個人差はあり、60歳を超えても30歳並のテストステロン値を保っている男性もいますが、普通ではそうはいきません。

医学的観点からテストステロン値が低い人にテストステロン(男性ホルモン)を補充することにより、内臓脂肪が減って筋肉が増えるということも実証されています。つまり、テストステロン(男性ホルモン)の量が低下するにつれて、メタボのリスクも高くなると言われています。

性の問題で言えば、日本人男性の実に1,000万人以上が満足できる勃起ができていない。という統計も出ています。


※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

大人気お弁当レシピスクラップブログ
今あなたの手相がどういう運命を示しているかご存知?手相占い・鑑定スクラップ