日本の水道水は、どうして体に悪いの?大人の女性が知りたい、綺麗で健康な生活を送るための水のお話を致します。

浄水器で塩素を取り除き、美味しく安全な水で健康と美を取り入れましょう。

世界一水の衛生に厳しい日本。世界と比べてどれだけ厳しいのでしょう。

最近、家の水道水をそのまま飲まれたことはありますか?試しに一口だけ飲んでみると「まずいなぁ」と思われると思います。地域差こそありますが、水道水がまずいのは水道水に塩素たっぷりを使っているからです。

そもそも日本は、世界一衛生面には気を遣う国。潔癖症な日本人だからこそ、日本の水道水には世界でもっとも塩素の注入量が多いとも言われているのです。殺菌など全く施さない水には、感染症を引き起こす大腸菌などの雑菌が多く含まれています。

その為に日本は水道水への細菌類の混入をとても厳しく規定しております。特に大腸菌に対しては「飲料水中に大腸菌群は絶対に検出されてはいけない」と定めているくらいです。こんなのは日本だけ。

アメリカやヨーロッパでさえ水道水の水質基準は「飲料水中の大腸菌の混入は、100回検査して5回以内なら許される」とされているのです。こう見ると日本のなんと厳しいことか。そのために塩素をたっぷりと入れるのです。

衛生面では安全ですが、だからと言って水道水は体にいいわけではありません。

雪解け水と若返り

しかし、塩素がたっぷり入っているから体には安心安全というわけではありません。塩素の入った水は最近を死滅させますが、それと同時に水をまずくさせてしまいます。また、人間の皮膚や粘膜を直接痛めます。プールに入ると髪がパサパサになってしまうのは、プールが水道水よりも塩素が高いからなのです。

浄水やミネラルウォーターを飲んでいるから大丈夫!という大人の女性も多くいらっしゃるでしょうが、ご飯を炊く際や料理を作る際などに水道水を使っていては、それは対策としては甘いもの。

個人的にしっかりと対策を取るためには、浄水器を取り付けることです。まずはキッチンだけでも塩素などを取り除ける浄水器を付けましょう。これだけでも料理はしっかり美味しくなります。

また、最近では浄水機能の付いたシャワーヘッドも販売していますから、浄水機能の付いたシャワーヘッドを購入して取り付けるのも、肌荒れや髪のパサパサを回避することが出来るようになります。

健康と美を兼ね揃えるには、普段から体に使う水のことを気にしましょう。

  • 水道水がまずいのは水道水に塩素たっぷりを使っているから。
  • 日本は水道水への細菌類の混入をとても厳しく規定しております。
  • 体に使う水には、浄水器を使った対策をしっかりとりましょう。
  • 浄水機能の付いたシャワーヘッドを購入して取り付けるのも、オススメです。


浄水器で塩素を取り除き、美味しく安全な水で健康と美を取り入れましょう。

読み上げ時間:約153秒/斜め読み時間:約40秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい水情報のアレコレを紹介

美しさの秘訣として、水をたくさん飲んでいるという女優さんやモデルさんってたくさんいらっしゃいます。大げさに感じるのかもしれませんが、実際に良い水を飲むことでいつまでも若々しくいられるのだとか。例えば、天然水の代表として雪解け水があります。この雪解け水は農作物の収穫率を増加させ、牛に良い影響を与えます。また、石灰石などにろ過された天然水は若返りの作用があります。食べ物や日の光が健康や美容に影響するのと同じように、水もまた健康や美容に影響するということをまとめてゆきます。