水分補給の落とし穴!綺麗な人は水をたくさん飲むけれど、お茶やコーヒーは水の代わりにならないって知っていました!?

水分補給の落とし穴とは?

綺麗な人は、水を1日2リットル飲んでいるそうです。沢山水を飲むことで、体の巡りをよくしてゆけるのです。

水はほとんど飲まないけれど、お茶やコーヒーを飲んでいるから2リットルくらいは飲んでる気がする!と考える大人の女性たちがたくさんいらっしゃいます。

けれど、これは水分補給における大きな落とし穴なんです。

お茶やコーヒーは、確かに健康的な飲み物です。

コーヒーは大腸がん予防に良いと言いますし、お茶は抗酸化作用も豊富です。


しかし、お茶やコーヒーは水の代わりにはなりません。喉の渇きは収まっても、体が潤うというわけではないのです。驚かれるのも無理はないと思います。私もこれを知って驚きました…。

お茶やコーヒーは加熱したお湯を使っているために、生の水と構造が変わります。つまり水が持つ性質を失っている状態になるのです。

そもそもコーヒーは、水分補給目的にガブガブと飲むものではありません。あくまで嗜好品として楽しむものです。コラーゲンドリンクや栄養ドリンク。スポーツドリンクなども同じようなことが言えます。

栄養分を溶かしたものであるために、水としての働きを失っています。あくまでほしい栄養を取るためのものであるのです。

甘い飲み物は簡単に言えば、カロリーや砂糖を点滴しているようなものですから、美容面でいいはずがありません。こちらもあくまで楽しむものです。

体を潤わせ老廃物を運ばせ、体を美しくしてゆく。この水としての力は水でしかありえないのです。お茶やコーヒー、栄養ドリンクや甘い飲み物はあくまで楽しむためや栄養を摂取するものであります。

ちなみにアルコールは水分補給としてふさわしくないどころか、飲めば飲むほど水分が失われるものですから、そこは忘れないでください。

水分補給の落とし穴とは?

  • 綺麗な人は、水を1日2リットル飲んでいる
  • 水分補給の落とし穴
  • あくまで嗜好品
  • 水としての力は水でしかありえない


綺麗な女性でいたいならば、飲むのは生の水!これに限るのです。

読み上げ時間:約125秒/斜め読み時間:約35秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい水情報のアレコレを紹介

美しさの秘訣として、水をたくさん飲んでいるという女優さんやモデルさんってたくさんいらっしゃいます。大げさに感じるのかもしれませんが、実際に良い水を飲むことでいつまでも若々しくいられるのだとか。例えば、天然水の代表として雪解け水があります。この雪解け水は農作物の収穫率を増加させ、牛に良い影響を与えます。また、石灰石などにろ過された天然水は若返りの作用があります。食べ物や日の光が健康や美容に影響するのと同じように、水もまた健康や美容に影響するということをまとめてゆきます。