綺麗な体を目指すなら、毎日のお風呂を変えましょう!美人の必須アイテム・浄水シャワーヘッドって何? – 体験談を公開します。

日本のお風呂体験談レポート

留学や転勤などによって、海外に長いこと住んでいる大人の女性が、日本と海外の違いでよく感じるのがお風呂だそうです。

食文化の違いなどならいくつか思いつくでしょう。お風呂の違いといえば、シャワーと浴槽がセットになっているくらいでは?と思われるでしょう。

しかし日本の水と海外の水というのは非常に大きな差があるのだということをご存知でしょうか?軟水と硬水の違いだけではないのです。

日本の水道水というのは高濃度の塩素が含まれています。他の国と比べても、日本の塩素濃度というのは非常に高いのです。


そのために、長い海外生活から日本に帰ってきたら髪や肌の調子が悪くなるのだとか。

実際、塩素は髪や肌のたんぱく質を壊してしまい、保水力や保湿力を奪ってしまうのです。肌が強いはずの日本人にアトピーや乾燥肌の原因というのは、塩素が原因なのでは?と考える専門家も多いそう。

これから、日本の水の違いに気づかされた、とある大人女子の体験談をご紹介させていただきます。

私は数年間イギリスに留学していたのですが、帰国したらゆっくりお風呂に浸かるのを楽しみにしていました。けれど、なぜか帰国したとたんに肌の調子が悪くなり、髪もゴワゴワとするようになってしまったのです。

お風呂に浸かると体がむずむずとし、シャワーを浴びると肌が赤くなって痛むようになりました。もともと敏感肌でしたが、今までそんなことなかったんです。勿論、留学前は大好きなお風呂に問題なく入れていました。

日本の水が合わなくなったんだなと思ったために、キッチンに設置してある浄水器を通した水を浴室まで運んで、それで体を洗うようにしました。すると、かゆみも赤みも出なくなり、髪も元通りになったんです!

後日、浄水機能を持ったシャワーヘッドを探しに行き、ビタミンCで塩素を除去するというシャワーヘッドに付け替えてからは、体がむずむずすることはなくなりました!浴槽にお湯を張る際は、シャワーを使っています。

塩素を除去した水で髪を洗うと、サラサラになって初めのうちびっくりしました。そして、留学前まで塩素たっぷりの水で肌を洗っていたことに、ぞっとしたんです…

日本のお風呂体験談レポート

  • 日本と海外の違い
  • 日本の水道水にはたくさんの塩素が含まれる
  • 塩素は肌と髪にダメージ!
  • 美人なら使うシャワーヘッド


日本人に敏感肌が多い理由は、もしかして塩素かも…?

読み上げ時間:約151秒/斜め読み時間:約36秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい水情報のアレコレを紹介

美しさの秘訣として、水をたくさん飲んでいるという女優さんやモデルさんってたくさんいらっしゃいます。大げさに感じるのかもしれませんが、実際に良い水を飲むことでいつまでも若々しくいられるのだとか。例えば、天然水の代表として雪解け水があります。この雪解け水は農作物の収穫率を増加させ、牛に良い影響を与えます。また、石灰石などにろ過された天然水は若返りの作用があります。食べ物や日の光が健康や美容に影響するのと同じように、水もまた健康や美容に影響するということをまとめてゆきます。