ダイエットメニューに水を入れて効果を高める

ダイエットと水

ダイエットに励む大人女子の方は、飲む水をたっぷりと、しっかりと摂ってください。

目標は1日2リットル、夏場なら3リットルがよいとされます。

この量は、飲む癖をつけることで、案外飲めてしまうもの。

朝起きた時、食事の間、入浴前後、寝る前は必ず飲むことを心がけるのです。

そのほかにも、喉が渇いたときやおやつが食べたくなった時。

リフレッシュしたいときや、一息つきたいときもこまめに飲みます。

理想は、コップ1杯くらいの量に留めて、一気飲みはしないことです。

ダイエットに水を飲んで欲しい理由として、水は食べすぎを防いでくれるからです。

水を飲むとカロリー消費を促してくれます。

しかし、冷たい水を飲むことで、カロリー消費はより強くなるのです。

食事の前には、食べすぎを懸念して水を一杯飲んでみてください。

そうすることで、食欲を少し下げて、食べ過ぎのストッパーにします。

間食の前に、いただきますという前に。

また、食べるつもりはなかったけれど、ついつい食べてしまったというのも防げます。

ただ、食事中に水を飲みすぎると消化しにくくなることは気を付けてください。

そもそも、水の飲みすぎはかえって体に悪いのです。

限度以上に水を飲み続けることで、重症化すれば頭痛や呼吸困難。

ひどい場合は死に至ることだってあるのです。

1日5リットルも飲もうとする人もいますが大変危険です。


ダイエットのためや夏場だからと言っても多くても3リットル。これ以上は飲まない方がよい。

読み上げ時間:約102秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい水情報のアレコレを紹介

美しさの秘訣として、水をたくさん飲んでいるという女優さんやモデルさんってたくさんいらっしゃいます。大げさに感じるのかもしれませんが、実際に良い水を飲むことでいつまでも若々しくいられるのだとか。例えば、天然水の代表として雪解け水があります。この雪解け水は農作物の収穫率を増加させ、牛に良い影響を与えます。また、石灰石などにろ過された天然水は若返りの作用があります。食べ物や日の光が健康や美容に影響するのと同じように、水もまた健康や美容に影響するということをまとめてゆきます。