水分不足になるのは男性よりも大人女子

健康と水の関係

大人女子には是非とも知っておいてほしいことがあります。

それは、実は男性よりも女性のほうが水分不足になりやすいのです。

性別によっても、体内に占める水分の割合に、どう違いがでてくるのでしょうか?

成人の場合は男性は約60%に対して、女性は約55%と、女性のほうが5%も水分含有量が少ないのです。

それは何故かというと、男女の脂肪と筋肉の、体内に占める量が関係するから。

筋肉はその75%から80%が水分ですが、脂肪はわずか10%から30%と水分は少ないのです。

女性というのは筋肉量が少なく、脂肪率が高いもの。

一般的には男性のほうが筋肉が多く脂肪が少ないために、体内に含まれる水分量も少なくなります。

つまり、ここから考えられる結果として、性別が同じでも肥満型か違うかによっても体内水分量は変わるもの。

肥満型の女性は水分量が50%だったのに対し、痩せていて筋肉質の女性は65%も水分量があるということもあるそうです。

太っている女性のほうが、水分を多く蓄えて良そうな気もしますが、実は筋肉質でスレンダーな女性のほうが潤いがあります。

体内に蓄えられる水分量というのは、年齢と共に減少し、シミやシワが増えてゆきます。

これは美を気にする女性としてはなんとしても食い止めたいものであります。

しかし、女性はもともと喉の渇きを感じにくく、水をあまり飲まなくなります。

そのために、喉が渇く前にこまめに飲むことが大切になります。


水をたくさん飲むとトイレに行きたくなりますがトイレで老廃物を捨てて綺麗になりましょう。

読み上げ時間:約107秒/斜め読み時間:約34秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい水情報のアレコレを紹介

美しさの秘訣として、水をたくさん飲んでいるという女優さんやモデルさんってたくさんいらっしゃいます。大げさに感じるのかもしれませんが、実際に良い水を飲むことでいつまでも若々しくいられるのだとか。例えば、天然水の代表として雪解け水があります。この雪解け水は農作物の収穫率を増加させ、牛に良い影響を与えます。また、石灰石などにろ過された天然水は若返りの作用があります。食べ物や日の光が健康や美容に影響するのと同じように、水もまた健康や美容に影響するということをまとめてゆきます。