借金中の方必見、借金を減らすことが出来ます!自己破産は少し待った!元本を減額することで、少しでも楽な返済計画を立てましょう。

本当に返済できるかよく考えて手続きをしなければ、後々差押えさえされる可能性もあります!

現代社会の大問題の1つである『借金』は軽くできる?

最近、ちょっとお金を借りるつもりが、いつの間にか膨大な金額になってしまい借金返済に追われているという方が増えているそうです。そして最終的に自己破産をしてしまう人もまた、増えているのも事実です。社会で働く大人の女性たちだって、他人事ではない話ですよね?

自己破産というと、暗いイメージがあると思いますが決してそういう訳ではありません。勿論デメリットだっていくつか存在はしますが、自己破産の一番のメリットは借金がチャラになることですから自己破産をした後でも、案外普通の生活を送ることだってできるわけです。

ですがデメリットが絡んでくるため、たくさんの面倒ごとが出てくるというのも確かです。だからこそ、自己破産はしたくないという方も多いもの。実は自己破産まで行かずに、借金を軽減することが出来る特定調停という方法があります。自己破産を視野に入れている方には絶対この方法も視野に入れてほしいです。

特定調停をするメリットと、気を付けたいこととは何でしょうか?

借金を軽くする

特定調停というのは、借金を背負っている方が返済の軽減などにより借金を整理して、生活の立て直しができるようにする制度のことを言います。

もう少し詳しく説明するなら、借金の返済が滞りつつある債務者。つまり借金をしている方の申し立てにより、簡易裁判所が債務者と債権者。つまり借金している人とお金を貸している人との話し合いを仲裁して、返済条件を軽くするための合意が成立するように働きかけるというものです。

しかし、中には特定調停に対して協力的でない対応をする債権者もいることもあります。相手にとっては自分に戻ってくるはずのお金が減るようなものですから、仕方ないかもしれません。

また、簡易裁判所ごとによって調停基準にバラつきが生じてしまい、調停成立までの期間の遅延賠償金や調停成立後に利息を支払わなければならない場合もあります。また、この制度を利用できるのは、減らした際3年程度で返済できるという見込みがあるか、継続して収入を得る見込みがある人のみです。

自己破産の前に、借金を軽くすることが出来るかもしれません!

  • つの間にか膨大な金額になってしまい借金返済に追われているという方が増えている
  • 自己破産というと、暗いイメージがあると思いますが決してそういう訳ではありません。
  • 自己破産まで行かずに、借金を軽減することが出来る特定調停という方法があります。
  • 割中には特定調停に対して協力的でない対応をする債権者もいることも。


本当に返済できるかよく考えて手続きをしなければ、後々差押えさえされる可能性もあります!

読み上げ時間:約150秒/斜め読み時間:約38秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。