ゆで卵の殻をきれいにむくにはどうしたらいい?今晩はこれで大丈夫。大人女子必見の、料理ネタバレシリーズです!

料理に大活躍のゆで卵!簡単に殻を向ける方法を、是非とも挑戦してみませんか?

何かと料理で大活躍する「ゆでたまご」は、便利だけど殻をむくのが面倒ですよね?

サンドイッチにサラダ。おでんに肉巻き。いろんな料理に何かと使える「ゆで卵」は、卵を湯がくだけで十分おかずにもなったりしますから、夕飯に頭を悩ませる大人の女性を助けてくれる力強い味方でもあります。

さて、ゆで卵は作るのはいいけれど、殻をむくのが何かと面倒ですよね?私自身、しょっちゅう白身をボロボロにしてしまい、見た目が悪くなってしまうなんてよくあります。

そんな方々のために、ゆで卵の殻が綺麗にむけるようになる、ちょっとしたコツを教えましょう!殻が簡単に向けるようになれば、料理への負担も軽くなります!

料理に奮闘する大人女子が今知りたい、ゆでたまごの上手な殻のむきかた!

株主優待制度とは

卵は自らでも沸騰したお湯からでもゆでて大丈夫です。水から卵を入れて~なんていうのも聞きますが、ここはどちらでも構わないのです。ゆであがった卵は、流水と氷で急冷させます。この温度差が、キレイに殻をむくコツになります。

冷えた卵は平らなところで、ガツンとやって殻にヒビを入れます。そして平らなところに置いて、掌で卵を軽く押さえつけながら、卵を1回転。そして逆回転させて戻します。そして割れ目の入ったところから殻を剥がすと、薄皮と一緒にツルリとむけるのです。

この方法だと殻がむきにくい、うずらの卵でも綺麗に向けるようになります。コツはゆであがった後一気に冷やすこと。そして卵は買ったばかりの新鮮な卵よりも、少し鮮度が落ちたくらいのほうが、殻が綺麗にむける上に味も美味しいのです。

ただし、この際に大切なのはしっかりとゆでる事。「もういいだろう」とせっかちに卵を引き上げてしまい、まだ半熟状態の卵なら、当然殻をむくのは難しいのでご注意を。料理上手の大人女子は、とっても魅力的です!さぁ、これで料理の腕もワンランク上がるはず!

料理に大活躍のゆで卵!簡単に殻を向ける方法を、是非とも挑戦してみませんか?

  • 1品だけでもおかずになる、いろんな料理に何かと使える「ゆで卵」
  • ゆで卵は作るのはいいけれど、殻をむくのが何かと面倒。
  • ゆであがった卵は、流水と氷で急冷させます。
  • 割れ目の入ったところから殻を剥がすと、薄皮と一緒にツルリとむける。


夕食を作る際、休日にゆっくりと朝ご飯を作る際。是非1度お試しあれ!

読み上げ時間:約137秒/斜め読み時間:約32秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。