バイトを短期でしたいなら地方自治体がオススメです!年齢なんて関係なしの高収入なバイトの裏ワザを紹介いたします。

高収入のアルバイトは市役所に行けばあるかもしれない!?アルバイトの裏ワザ情報。

学生や主婦の方が欲しい高収入で短期のアルバイト。けれど案外体力的にキツイものばかりです…

学生さんや主婦の方がアルバイトやパートを探すとなると、通える範囲なのか、収入はいいのか。楽しそうかなどいろんな観点から探しますよね?

短期で高収入のアルバイトがしたい!そう思って探すと、案外キツそうな内容が多いもの。とてもじゃないけれど体力的に無理なものが高収入で、なんとなく悔しい思いをしたりもします。

大人女子の方に、実はお勧めしたいアルバイトがあるのです。アルバイト求人を見る前に、少しお話を聞いていただけたらなと思います。

目から鱗!高収入で短期のバイトは地方自治体にあったのです!

夢占いと見栄

街中を歩いていると、交通量調査員の方が通行人の数を見ながらカウントしている様子を見たことはないでしょうか?交通量調査員の仕事は、駅前や商店街などの脇に座り、行きかう自転車の台数や通行人の数を調査しカウントをするという仕事を行います。

屋外で長い時間仕事をしますから、夏場などは特に体力や集中力を必要とする仕事になります。しかし、1回の仕事で1万から3万円の報酬が得られます。まさに短期間で高収入のアルバイトという訳なのです。

この調査内容は国や地方自治体の道路工事のための資料として使われるため、安心して働くこともできます。ただし大人気な仕事のために、アルバイト情報サイトなどをこまめにチェックすることをオススメします。

また、地方自治体などが行う商業、住宅統計の調査員になって稼ぐという方法もあります。この仕事は多くの自治体で募集しており、募集年齢も20歳から75歳と幅が広いのです。

仕事内容は各家庭を訪問して調査用紙を配布し、アンケートを取ってもらってその用紙を回収することで終わります。ただ、アンケートを取ってくれない場合も多いですから、秘密厳守で情報流しは絶対にされないなどのプライバシーの尊重の意思をきちんと伝えるなどをして仕事を成し遂げれなければいけないようです。

手厳しいですが誰でも申し込めてますから、休日などを利用してアルバイトをすることをできます。またお給料も1日5000円ほどとなかなかいいものです。

調査系が嫌なら、他にも様々な仕事がありますからまずは市町村の統計課に登録をしてみましょう。そのうち高収入のお仕事にありつけるかもしれません!

高収入のアルバイトは市役所に行けばあるかもしれない!?アルバイトの裏ワザ情報。

  • 誰もがしたい高収入で短期のバイト、けれど結構体力的にキツい。
  • 交通量調査員は1日で1万から3万円という大人気のアルバイトです。
  • 地方自治体が行う、住宅統計の調査員のアルバイトもあります。
  • まずは市町村の統計課に登録をしてみましょう。


バイト探しはインターネットばかりではなく、地方自治体も気にしてみてくださいね♪

読み上げ時間:約168秒/斜め読み時間:約34秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。