ハローワーク求人情報から求人履歴が見れる!?ブラック企業か見極めることが出来る裏ワザを紹介いたします!

転職・就職の時に知りたい、ブラック企業の見抜き方を紹介いたします!

ハローワークを利用する際には、企業の求人回数を見てみましょう!

求職中の方や、転職を考えている大人女子の方が、仕事を探す際にハローワークを利用するという方は多いと思います。

仕事を求めて探し、再就職した結果がブラック企業だなんて正直笑えません。定時で帰ろうとしたら雰囲気で帰れないなんてブラックあるあるですよね。

ブラックには絶対に勤めたくないものですが、今の時代ブラック企業で無い会社のほうが少ないものです。では一体どうやって見極めればいいのでしょうか?

ブラック企業を見極める方法の1つとして、ハローワークに出した求人回数を調べるというやり方があります。

どういう事かというと、求人回数が多いということは、会社が急成長をしており人手不足のために人を募集しているか、社員の出入りが激しいために求人を繰り返しているかになります。

前者ならまっとうな理由ですが、後者はつまり社員が居つかない。ということになります。後者は相当の確率でブラック企業だと言えそうです。

入ったのはいいけれど、「これはとんでもない会社だ」ということで誰もが逃げ出してしまうのです。そのために入れ替わりが激しくなってしまいます。

募集広告やサイトを使って、ブラック企業を見抜くやり方とはなんでしょうか?

占い依存の向き合い方

ハローワークを利用する際、求人履歴を知って検討をしてみてください。また、「就職活動と会社情報」というサイトを使ってみましょう。求人情報履歴や口コミなど、会社の様々な情報を調べることが出来るために利用したいものです。

また、募集広告からブラック企業かどうかを見抜くコツというものもあります。「幹部候補募集」とあれば「安い給料でも入社そうそう重大責任な仕事を押し付けられる」ということでもあります。

「中途採用のハンデ無し」という煽り文句も「しょっちゅう入れ替わりがあって年中人手不足」ということにもとらえることができます。「貴方の頑張りを評価します」とあれば「歩合率が高いために基本給は安い」と判断するべきでしょう。

転職・就職の時に知りたい、ブラック企業の見抜き方を紹介いたします!

  • ハローワークでブラック企業かどうかを見抜くには求人回数を調べる。
  • 人手不足の理由は入れ替わりが激しいか急成長中かのどちらかです。
  • 「就職活動と会社情報」というサイトを使えば、求人情報履歴や口コミが見れます。
  • 募集広告からブラックかどうかを見抜くことも可能ですよ。


釣り文句に騙されたり、調べが甘かったりすると騙された!ということになりかねません。転職・就職は慎重に。

読み上げ時間:約146秒/斜め読み時間:約32秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。