冷え性改善を目指しましょう!大人女子たるもの体を冷やさないための、お風呂でできる3つの裏ワザを教えます。

お風呂で冷え性改善方法

寒い季節はもちろんですが、最近は暑い季節でも冷え性は出てきてしまうものです。

会社でガンガンにクーラーをかけているために、夏場でも貼るカイロをお腹に貼ったり上着が手放せない。そういう大人の女性が急増しているとお聞きしました。

ただでさえ日本人女性の2分の1が体を冷やしやすいために、今を生きる大人女子はクーラーなどにあてられて体調を崩しやすいのだとか。

大人女子の天敵である体の冷えは、毎晩のお風呂でリセットすることができます!


身近な食材を利用することで、血行を促進し肩こりや腰の痛みを和らげる効果も期待できます。そのお風呂でできる裏ワザを3つ公開させていただきます!

  1. ショウガ風呂:発汗作用と血行促進を促します。
  2. 生ショウガを皮ごと厚さ1mm~2mmにスライスをし、キッチンタオルを敷いたお皿の上にスライスしたショウガを並べ、日の光に2~3日干して乾燥させる。

    干したショウガをお茶の紙パックなどに入れて、お風呂に浮かべる。手で揉むと香りや成分がより楽しめます。

  3. ユズ風呂:疲労回復や肌荒れに効果を発揮します。
  4. ユズに包丁で十字に切り込みを入れて、そのまま湯船に入れるだけ。1つ2つではなく、いくつか入れた方が効果的です。

  5. 塩風呂:肩こりやむくみ。保湿や保温効果を持ちます。
  6. 塩一握り分をお風呂に溶かして入れるだけ。人工的なものではなくミネラルを多く含んだ、天然の塩を使ってください。

    使った後はシャワーで軽く洗い流しましょう。

塩風呂の場合、足裏や足の甲に天然の塩を塗り5分ほど置く、塩パック。くるぶしの上5cmほどにあるツボを塩でマッサージすると効果を持ったりしますよ!

しかし塩風呂は、体をけがしている人は、当然ですがヒリヒリしたりするので注意してくださいね。

これから暑くなる季節だからといって、熱中症ばかりに注意をしがちですが、実は夏だからこそ冷え性の危険も潜んでいます。冷え性は肩こりや生理不順などを起こす、まさに女性の天敵。

だからこそ、冷え性にならないようにしっかりと気を付けましょう。冷え性改善のお風呂は疲労回復も期待できますよ!ぜひお試しくださいね♪

お風呂で冷え性改善方法

  • 熱い季節でも冷え性になる
  • 冷えはお風呂でリセット
  • お風呂でできる冷え性改善
  • 塩風呂の注意とは


毎日のお風呂で冷えも疲れも吹っ飛ばしましょう!

読み上げ時間:約149秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。