未払い賃金は倒産したなら国に払ってもらえる

お金の裏ワザ

景気が回復しても、景気が回復したのだと感じない人が多いのだといいます。

その理由の一つに、給料が未払いであるということ。

働く大人女子なら、声を出して怒ってもいいものです。

労働者に賃金を払わないというのは労働基準法に大きく違反する行為。

つまるところ、犯罪です。

賃金が未払いだとわかった場合、まず内容証明郵便というもので勤務先会社に対し、賃金の支払いを要求します。

それなのに払わない場合は、労働基準監督署に賃金不払いとして申し立てられます。

ただし、強制的に賃金を支払わせる能力というのは労働基準監督署にはありません。

申し立てても支払われない場合は、140万円以下なら簡易裁判所に訴えられます。

そして、140万円以上の場合は地方裁判所に訴えられます。

また、未払い賃金には、倒産したためというやむ負えない理由もあるもの。

会社が倒産したという場合は、「未払い賃金立替払制度」という国の制度を利用してください。

これは、勤務先の会社に代わって、未払い賃金の一部を支払う制度です。

「一部って、どれくらい?全部じゃないの?」

そう、残念なことに。実は全部じゃないのです。

退職日の半年前から、立替払請求日までの未払い賃金の8割が上限となります。

厚生労働省のホームページでもぜひチェックしてみてください。

働いたのだから、その分のお給料をもらうというのは、当たり前のメカニズムです。

自分が仕事した分は、しっかりと取り立てましょう。


お給料を払わないのは、罰金も科せられる犯罪行為。

読み上げ時間:約104秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。