災害ダイヤルは安否確認に利用できる

017denwa

最近、大きな地震や噴火が立て続けによく起きています。

被災地に住む家族や、友達が大丈夫なのか不安になってしまいます。

しかし、大勢の人が一斉に安否確認の連絡を入れてしまいます。

それが原因で規制がかかってしまい、被災地へつながりにくくなります。

心配する気持ちはよくわかります。それで、焦りが募ってしまうのも。

そこで、是非とも利用してほしいのがNTTが提供するサービスです。

災害用伝言ダイヤルと言って、「171」で「いない」と覚えてください。

地震や噴火などの災害が発生したときに、繋がりにくくなった場合に提供が開始される伝言板です。

まず、171をダイヤルします。

そのあとに、ガイダンスに沿って、録音するなら1を押します。

そのあとで、連絡を取りたい被災地の家の電話番号を市外局番からダイヤルします。

回転ダイヤル式ならガイダンスの指示に従い、ピッという音の後に30秒以内で話します。

ボタンを押すプッシュ式なら、「1#」を押した後で録音します。

録音はされているために、ここで電話を切ることも可能です。

録音終了後は、プッシュ式の場合は「9#」を押して、訂正があるのなら「8#」を押せば訂正ができます。

そのあとは「伝言をお預かりしました」という音声が流れます。

いずれも自動で終話するために、「無事なら連絡して」とも「無事避難したよ」とも伝言が残せます。


災害大国日本だからこそ、災害対策は必要。それはもちろん安否の確認だって大切。

読み上げ時間:約100秒/斜め読み時間:約26秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいお得情報(裏ワザ)のアレコレを紹介

いつの時代も、「へぇ~、知らなかった!」と思わせてくれる裏ワザ。そもそも裏ワザとは常識のように大きく知れ渡ったものではなく、人に知られていない隠れた方法のことを指します。つまり、裏ワザは日常生活で使用すると役立ち、便利な情報と認知されているのです。そのためにも、日々の生活で必要なのは何かと考えた時に、公開するべきは節約術や衣食住などだと考えました。生活で大切なお金や、仕事。欠かせないスマホの裏ワザなど、種類豊富に更新いたします。読み進める中で関心し、貴方にとって実践したくなるようなお得な情報、思わず誰かに話したくなる情報となればうれしい限りです。