コミュ障に速報です!社会人必須スキルの会話力だって、視点を変えれば雑談がもっと楽しくなります。

雑談の視点を変え、気持ちを切り替えることで雑談嫌いを切り抜けましょう。

会話が苦手なコミュ障の方は、まず視点を変えてみましょう

最近、コミュ障という言葉がはやっているのをご存知でしょうか?かんたんに言えば、誰かと会話をしたりたわいもない雑談をすることが苦手な人のことを言います。

雑談をする人が苦手な方は、人との目を見ることが苦手だったり、初対面との人間とうまく会話をすることが出来ない。そもそも人間が嫌いだったりと様々な理由があります。

確かに、面倒だと感じる人だっているわけですし、頑張って話したのにすべったり周りの空気をおかしくしてしまったなんて展開になれば、ますます喋るのが嫌いになってしまいます。

だからと言って雑談というのは社会で働く大人女子たるもの、子育てや家事に奮闘する大人の女性たるもの、決して避けては通れない道です。

雑談が苦手な大人女子の方に、是非とも試してほしいのが「視点を変える」という方法です。雑談1つでも視点の変え方で話題は大きく広がり深みを増します。では一体どうすればいいのでしょうか?

雑談の視点を変えるというのは、いったいどういう事でしょうか。

夢占いと見栄

視点を変えると言われても、一体どういうことかピンと来ないかもしれません。たわいもない雑談1つでも、いろんな反応によって話が変わってゆきます。これが視点を変えるということです。

視点の変え方でもいろんな方法があります。例えば「絞り込む」。『今度の日曜日に遊園地に行くんだ』こんな会話があるとします。

そういう話題になったとき「あのアトラクションがリニューアルしたらしいですよ」「遊園地の中のレストラン、あのメニューがおいしいですよ」こんな風に話題を深くして1つに集中してしまいます。

また、「話をずらす」というのも1つのテクニックです。先ほどの遊園地で言えば、遊園地について話したいはずですよね?しかし「日曜日に行くんですか?混んでるでしょう?」といった風に相手が思っていない反応を見せることで話題を別の方向へ広がらせてもいけます。

いかがでしょうか?要は気持ちの切り替え、持ちようが大切だということです。たとえ初対面が苦手でも初対面は1回しかない。そんな風に心を切り替えてみるのです。

雑談の視点を変え、気持ちを切り替えることで雑談嫌いを切り抜けましょう。

  • 最近、コミュ障という言葉がはやっているのをご存知でしょうか?
  • 雑談が苦手な大人女子の方に、是非とも試してほしいのが「視点を変える」という方法です。
  • 「絞り込む」「話をずらす」これらは雑談の、1つのテクニック。
  • 要は気持ちの切り替え、持ちようが大切だということです。


なお、雑談はあくまでネガティブ思考はいけません。いくら苦手だとしても大人女子たるものまずは微笑みましょう。

読み上げ時間:約154秒/斜め読み時間:約36秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。