社会人なら知っておくべき雑談力!仕事ができる人がやっている、「さしすせそ」の法則とは何でしょうか?

仕事ができる大人女子が使いこなす「さしすせそ」の法則と会話術

仕事ができる人の雑談力は、一体何が違うのでしょうか?

仕事に頑張る大人の女性の皆さんが、ふと周りを見てみると仕事ができる人・できていない人という2パターンがあると思います。

仕事ができる人というのは当然、大きな信頼を獲得しています。また、テキパキと仕事をこなすことが出来る姿勢も素敵です。大人女子の憧れですよね?

そういった人たちは、もちろんビジネスにおける会話というのもワンランク違います。どんな風に違うのか、見てみましょう。

仕事ができる人の会話の仕方というのは、まず相手を肯定し褒めていることがよくあります。会話において、相手に対する肯定をすることで、会話がスムーズに進むのです。

つまり会話において、相手を肯定し褒めるというのは非常に大切な雑談力だと言えます。しかしだからと言ってとりあえず褒めればいいというわけでもありません。

褒め方・肯定に是非とも使ってほしいフレーズというのは「さしすせそ」でまとめることが出来ます。

ビジネスの会話術で使いたい「さしすせそ」の法則はこう使います。

雑談力のさしすせそ

「さ」は「さすが」・「し」は「知らなかったです」・「す」は「すごいですね」となります。この3つは相手を褒めたり自分がへりくだることで、相手を持ち上げるフレーズです。

程よく入れることで相づちや、話をスムーズにするニュアンスですが、使いすぎるとわざとらしくなってしまうので程々にしましょう。

「せ」は「せっかくですから」これは相手が何かを言いかけて、けれど少し迷っているような時に、補足目的の相づちとしてこのニュアンスを使用します。

しかし、相手の捉え方として「せっかく口を開きかけたのだから話して」という風に聞こえてしまいますと、失礼になりますので、使う際は注意が必要です。

最後の「そ」は「そうですか」定番の相づちですよね。このような相づちを入れることによって、雑談は広がり空気は和やかになります。

雑談を盛り上げて相手の信頼を得てから、仕事の話に入っていくからこそ、仕事の話がスムーズに進むのですね。

仕事ができる大人女子が使いこなす「さしすせそ」の法則と会話術

  • 仕事ができる人はビジネスの会話力もワンランク違います。
  • 「さしすせそ」の法則で成り立つビジネスの会話術。
  • 持ち上げるフレーズ・補足目的の相づち・定番の相づち。
  • 場の空気を雑談でしっかり温めてから仕事の話に入ります。


相手のは何を肯定して褒めることで、雑談は大きく広がり、ビジネス会話術はアップいたします。

読み上げ時間:約141秒/斜め読み時間:約36秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。