会話力アップにはアイコンタクトとジェスチャーを使いこなしましょう。社会人が知っておきたい最強テクニック公開です!

ジェスチャーとアイコンタクトの話

言葉を話さなくても、身振り手振り。つまりはジェスチャーで自分の気持ちを伝えることができます。

例えば、小さい頃に両親に「これくらいの」と説明をする際、手で大きさを表現したりしませんでした?

また、小さなお子さんをもつ大人の女性たちは、自分の子供にジェスチャーを交えて説明をしたら理解してくれたという経験もされたことがあるでしょう。

言葉とともに使うことで、大きな力を発揮するのはもちろん。ジェスチャーは時に言葉以上の力を発揮したりもします。


外国に行った際、外国語は話せなくてもジェスチャーで伝わった!なんてエピソードを聞いたことがある大人女子も多いはず。

ここまで聞くと、ジェスチャーがどこまで大きな力を持つのか。よくわかると思います。私たちが普段から行っているジェスチャーの代表といえば、挨拶です。

「こんにちは」と口に出すだけではなく、例えば私たち日本人なら会釈をする。アメリカなら握手をする。こういったことを最初にすることで、口だけの挨拶に比べて対立しにくくなります。つまり親近感を作るのですね。

そして挨拶をする際に、こういった行動と共にアイコンタクトを取ることで、より対立しにくくなるのは言うまでもありません。ジェスチャーだけではなく、アイコンタクトも非常に重要で、視線のジェスチャーとでも言うべきでしょう。

特に欧米人はウインクをすることで愛嬌を伝えたり、ゆっくり瞬きすることで疑問を伝えたりと日本人よりも積極的に使用しています。

目元を見れば、なんとなく相手の気持ちがわかるくらいです。それに加えて首をすくめたり、手でGOサインを作ったりしますから、ジェスチャーだけでたくさんの情報量になります。

よく、アイコンタクトは難しいと言われています。じっと見るのも失礼だけれど見ないのも失礼とされているからでしょう。

けれど欧米人を見ていると会話の際に視線に動きを乗せることで、じっと見つめすぎないようにしています。

注意点は、ジェスチャーを付けすぎると大げさのように感じることもあるために、気持ち少な目にジェスチャーを会話に入れてみましょう。驚くほどに、相手によりわかりやすく伝わるはずですよ!

ジェスチャーとアイコンタクトの話

  • ジェスチャーの持つ力
  • 挨拶はジェスチャーの代表
  • アイコンタクトは視線のジェスチャー
  • 会話にどう盛り込むか


アイコンタクトとジェスチャーは会話力を一気上げる心強い味方です!

読み上げ時間:約148秒/斜め読み時間:約33秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。