野球界の噂。ビールかけはソフトバンクが始めたものだった?!盛りあがること間違いなしの話のネタ集です!

会話のネタ・ビールかけのルーツとは?

雑談で是非とも使ってほしいネタをご紹介します。

野球好きな人にとって、自分が応援しているチームが優勝した時の感動は大きいもの。

応援し続けていたチームが心の底から嬉しそうにビールかけをしている姿に、こちらも興奮したり涙ぐんでしまいます。

ですが、このビールかけのルーツとは何なのかご存知でしょうか?

そもそも、優勝のビールかけが始まったのは1959年、その年の日本シリーズまでさかのぼります。


当時の南海ホークス、現ソフトバンクホークスが祝勝会を開いてた際のことです。

ハワイ生まれの日系二世のカールトン半田選手が、突然周囲の選手に飲んでいたビールをかけ始めたのだとか。

アメリカでは昔から、優勝したチームや優勝者にシャンパンをかけあうという習慣がありました。

ただ飲むだけではなく、お酒をかけあって盛り上がることを知っていた半田選手が初めてことで、他の選手たちも便乗。

それ以来、ビールかけは祝勝会の恒例行事として定着したそうです。

ビールかけのきっかけを作った半田選手は、当時畳部屋でやってしまったために、畳を交換しなくてはいけなくなったのだとか。

だからこそ現在のビールかけは駐車場などの広いスペースを確保してそこで盛り上がることが多いのだとか。また、ビールかけの疑問として未成年は参加してもいいの?という意見もよく聞きます。

日本の法律では未成年はお酒を飲んではいけませんが、ビールかけの際は飲むのではなく体にかけています。そのために違法ではないとされていて、未成年の参加も許されているそうです。

けれどモラルにより厳しくなった昨今。最近では未成年の参加は自粛したり、ノンアルコールで代用したりするそうです。

野球界から始まった祝賀会の形は、今や様々なスポーツ界に影響を与え、心の底から勝利を喜ぶ姿もまた、スポーツならではの楽しみですよね。

会話のネタ・ビールかけのルーツとは?

  • ビールかけはいつから始まったのか
  • ビールかけを始めた選手
  • 未成年の参加許可
  • ビールかけとモラル


優勝チームの祝賀会の形は、60年近く前から受け継がれる『悪ノリ』なのです♪

読み上げ時間:約132秒/斜め読み時間:約34秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。