話し方を変えるだけで相手への伝わりやすさは劇的に変化する!これで『伝わりにくい』を卒業しましょう!

話すスピードを変えると伝わりやすくなる

人が会話をする際、話すスピードというのはとてつもなく大事になります。

それは話す相手だったり話の内容、シチュエーションによって話す速度を変えることは、自分の心境をより明確に伝えるために必要な工夫なのです。

このテクニックは、沢山の年代の方と話す大人の女性は気になるものだと思うので、解説させていただきます。

例えば、若い方なら早口で話していても苦にならず、むしろゆっくり話すと相手をイライラさせることだってあります。


しかし、年配の方や小さな子供に早口で話したって伝わりません。

それに、年配の方や子供に早口で話せば、まるで自分を怒っているような印象に捉えられてしまうことだってあるのです。

とはいっても、相手にずっと同じ速度で話していたら、どこか面白味が欠ける話に聞こえることでしょう。

そこで、話の内容や相手によって話す速さに変化をつけることが大切です。また、話す速さだけではなく、抑揚や口調も変えること。

そしてジェスチャーも取り入れればより一層話の内容に豊かさが増します。例えば、話す速度は速い、普通、ゆっくりと大きく3パターンに分けられると思います。

そして話し方もまた、感情的に話すのか、理論的に話すのかという2パターンあります。ジェスチャーを入れるか入れないのか。入れるとしたら多く入れるのか少ない入れるのか…

こういった組み合わせにより、話し方のバリエーションは豊富になってゆくのです。このバリエーションたちから、自分が話しやすい組み合わせを何種類か用意しておくことが大切です。

そして、5W1H…つまりどんな内容なのか、相手はどんな人か、どこで話すのかなどによって、より効果的な話し方の組み合わせを選びます。

その時々のシチュエーションに応じて適切な話し方を選んでゆき、話をより伝わりやすくする工夫をしてゆきます。

話すスピードを変えると伝わりやすくなる

  • 話すスピードの工夫は必用
  • 年齢や場面によって話し方を変える
  • 同じペースは話に面白味が欠ける
  • 抑揚・ジェスチャー・スピードの組合わせ
  • チェンジオブペースの気持ちでいる


チェンジオブペース、話し方は相手や場所によって変えることで、何を伝えたいのかが伝わります。

読み上げ時間:約129秒/斜め読み時間:約37秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。