会話上手は質問の心理学を使って雑談を盛り上げます。

会話上手になれる質問心理のコツ

会話術を手っ取り早く上げたい大人女子の方には、質問の力をお勧めします。

質問を重ねることで相手にしゃべらせると、スムーズな会話のキャッチボールが成り立つようになります。

その際、質問の仕方として全体的な質問と限定的な質問を上手に重ねることで、理解は深まり会話もスムーズに成り立ちます。

全体的な質問というのはオープンクエスチョンといい、「貴方は何が好きですか?」といったような質問を言います。


もう一つの限定的な質問はクローズドクエスチョンといい、「貴方の好きな音楽は何ですか?」とオープンクエスチョンに比べてずっと限定させてます。

オープンクエスチョンは抽象的な答えが返ってくる可能性が高いですが、クローズドクエスチョンはアーティスト名など具体的な答えとなります。

限定的な質問は答えやすいですが、デメリットとして会話の流れがぎこちなくなりやすいもの。

反対に全体的な質問のデメリットは、「何が聞きたいんだ?」と思わせてしまいます。

どちらかにこだわって質問するのではなく、2つの質問のパターンを織り交ぜることで、会話に変化をつけてゆきます。

また、限定質問と似たものに、心理学を利用した「イエス質問」というものもあります。

これは、利き手にイエスやとある一つの答えに導かせる質問の仕方をいうものです。

例を挙げるなら「今日は天気がいいですよね?」や、「貴方は借金の負担を軽くしたいとは思いませんか?」などといったものです。

会話上手になれる質問心理のコツ

  • 質問力の力
  • 質問は2種類ある
  • 限定質問と全体的質問
  • 限定質問と全体的質問をバランスよく入れる
  • イエス質問で心理的に話を掴む


よくCMでも使われるこのイエス質問は、会話の流れをこちらのペースに持ち込むことができるようになり、非常に便利なのです。

読み上げ時間:約110秒/斜め読み時間:約31秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。