交渉力を上げるには食事の時に行うと自信がつく

交渉術

コミュニケーション能力というのは、社会人には必須のスキルです。

とはいえ、コミュニケーション能力とは、自分自身の性格に基づいています。

話し方を学んだりしても、どうしても苦手だという人も多いもの。

人と話すのが苦手だという大人女子も多いでしょう。

自分を変えられるのは自分だけとよく言いますが、性格を変えるというのは本当に難しいものです。

その時は、場所の力を借りるようにしてみましょう。

それは、食事の場です。

食事というのは、人の三大欲求の「食欲」を満たすもの。

食事中は人間が最も心地よさを感じている瞬間の一つであるために、心が緩んでいます。

つまり、食事がもたらす快楽が、話や条件にも好意的な印象を持たせるのです。

また、食事が持つ力というのは、それだけではありません。

共に食事を取るということで、同じ行動をとっているという親しみがわきます。

また、口や手を動かしていることから、意識が散漫とするのです。

すると相手の判断力を鈍らせる状況も作っているのです。

こうすることで、説得しやすい心理を作るのです。

この心理を利用した交渉術というのは、実は政治にもよく使われるものです。

人はどらだけ高貴な身分を持っていたとしても、どれだけすごい職についたとしても根本は変わりません。

もしも、大事な交渉があるけれど会話術に自信がなく、そのうえ説得しなくてはいけない相手なら食事に誘ってください。


つたないプレゼンでも、食事の快楽で相手に受け入れてもらいやすくなります。

読み上げ時間:約102秒/斜め読み時間:約25秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。