嫌いな人は相手の気持ちを考えてコミュニケーション

相手の気持ち

社会人にとって、どんな人とも話すことができる雑談力というのは必須です。

しかし、だからと言ってどうすればいいのかわからない人というのも、大人女子にはいるものです。

例えば歳が大きく離れた方の場合は、どんな話をするべきなのかわからない。

しかし、実は気さくな人柄の方が多いために、そう気負わなくても済んだというパターンが多いものです。

一番厄介なのが、人の感情が入るパターンです。

自分自身「この人は嫌いなタイプだな」と感じるタイプ。

「この人はきっと、私のことが嫌いなんだろうな…」と感じる人も苦手に思いますよね。

そういうタイプは苦手意識がふくらみ、コミュニケーションが取れないもの。

相手から嫌われているパターンは、相手が改心しない限り苦手意識は消えないでしょう。

そういった苦手なタイプでも、意識的に1歩でも近づいてみようと心がけてください。

誰かと仲良くなるためには、まずは向き合うことから始まります。

コミュニケーションとは、相手の気持ちを考えなければ逆効果となります。

相手の気持ちを考えないと、気が付かないうちに嫌われてしまったりするのです。

だからこそ、まずは少しづつ雑談をかわすようにしてみてください。

朝や休憩のちょっとした時間の時に、「今日の雨すごかったですね~」くらいでいいのです。

相手も立派な大人ですから、よっぽどのことがない限り無視をしたりしないでしょう。

そうすることで相手と打ち解けてゆけるはず。


苦手意識を持つタイプには、ちょっとずつ雑談を重ねることで、心を溶かせる

読み上げ時間:約105秒/斜め読み時間:約29秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい会話ネタ・雑談ネタのアレコレを紹介

雑談というのは、とりとめのない気軽な会話をすることです。しかし、この何気ない会話というのができない。苦手だという人が急増しているそう。その原因の一つとして、様々な年代の方や全く異なった職業の方と会話する機会が減ったからなのだとか。雑談はビジネスシーンでは有効。心理学的な面でも、どんな芸能人か好きかなどといった雑談というのは大事だと証明されているのです。コミュニケーションが苦手な方でも、その雑談力を高める会話術や、つい話したくなる面白い話題など載せてゆきます。