【寝室の運気をアップさせる3つの条件】熟睡できる寝室を風水学的に説く・・・

jukusui_052

「寝室の運気をアップしよう」

1日6時間~8時間眠るとすると、人生の4分の1~3分の1は睡眠時間。

その長い時間を過ごすのが寝室です。リラックス出来る空間作りが良い1日をつくります。

静かで、ゆったりする空間であるのはもちろん、家具の配置にも注意しましょう。

寝室の運気をアップさせる3つの条件


ドアの位置
寝室の入り口に向かってベッドを配置するのはNG。間取りの都合でどうしてもその配置になる場合は、のれんやカーテン、他の家具を使って仕切りましょう。
頭をあげた時にドアが見える向きに配置するのがベストです。

照明は暗めに
風水的にも、医学的にも睡眠時の照明は暗い方が良いとされています。
日常生活には暗いかなと感じるくらいがちょうど良いです。間接照明の利用も可。

鏡の位置に注意する
鏡は気の流れを変え、気持ちを活性化させる作用があります。
出来れば寝室には置かない方がベター。致し方ない場合には布をかけておきましょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい睡眠と熟睡の違い

当たり前の事ですが、睡眠と熟睡は全く異なるものです。睡眠時間を多くとれば目覚めがいい訳でもなく、熟睡感がある眠りは、睡眠時間が短くても、心身が充実するものです。イット!では睡眠と熟睡にポイントを置いた情報を配信したいと考えています。