目覚めが悪いのにも理由とパターンがあります。あなたはこの10項目のうちどれ?

jukusui_034

目覚めが悪いのにも理由、さまざまありますが、実はその原因も人それぞれなのです。
では、原因を確かめ、あなたに合った対策を立てるのが実は近道かもしれないのです・・・。

朝が弱い人のタイプを10パターンに分類しました。、よく、3つとか5つっていうのはよく見ますが、イットは10個を用意しました!思い当たることがあるかどうか今こそ確認してみましょう!

①睡眠不足パターン・・・とにかく睡眠時間が足りなくて、起きられないという人

②悪い生活習慣パターン・・・午前中、頭がぼんやりしている人

③体内時計故障パターン・・・生活のリズムが崩れ、なかなか寝つけない人

④緊張パターン・・・夜中に何度も目が覚めてしまう人

⑤現実逃避パターン・・・目は覚めるけれど、布団から起き上がれない人

⑥抑うつパターン・・・目覚めてもすぐにまた布団にもぐりこんでしまう人

⑦窒息パターン・・・睡眠時無呼吸症候群のため、起きると身体が疲れている人

⑧寝すぎパターン・・・寝すぎが原因で目覚めがよくない人

⑨女性ホルモンパターン・・・女性ホルモンの変化で寝坊をしてしまう人

⑩昼間も眠いパターン・・・昼間の仕事中など、いつも眠気が襲ってくる人

睡眠不足を決して軽く考えてはいけません。睡眠時間が連日3時間半では、身体の抵抗力も落ち、発熱したり、最悪うつ的な気分になる事もあるようです。いい睡眠をとるためには、自分で時間管理をする精神的な強さも身につける事も必要な事です。

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい睡眠と熟睡の違い

当たり前の事ですが、睡眠と熟睡は全く異なるものです。睡眠時間を多くとれば目覚めがいい訳でもなく、熟睡感がある眠りは、睡眠時間が短くても、心身が充実するものです。イット!では睡眠と熟睡にポイントを置いた情報を配信したいと考えています。