女性ホルモンを増やすにはアロマテラピーが効果的!老後を迎える体に積極的に取り入れてみませんか?

アロマテラピーの持つ効果

大人の女性が年を取ってゆくと、女性ホルモンの乱れが起きてしまいます。

そのために体の調子を崩しやすくなったり、いい年なのにまるで思春期の子供の様に感情のコントロールが効かなくなってしまいます。

大人と呼べる年を超える頃ならば、子供みたいに我儘にふるまうのではなく、熟年層らしい落ち着いた人間として自分を確立させてゆきたいものです。

最近では体の調子を取り戻すために、ホルモン補充療法を取り入れる大人女子が急増しています。


女性ホルモンが増えれば美容にもいいもの。もし、更年期障害がひどいようなら、ホルモン補充療法を前向きに検討してほしいものです。

しかし、更年期障害がひどいというわけではないけれどなんとなくイライラしやすくなった。体の調子が崩れやすくなった気がする。そう思われる際には、アロマテラピーを試してみてはいかがでしょうか?

アロマテラピーというのは「いい匂いがして癒しの効果がある」というイメージが強く、漠然と考えられている方も多くいらっしゃるでしょう。

アロマテラピーとは、いわば西洋医学の一つ。植物から抽出したエッセンシャルオイル。つまり精油を使う自然療法です。

嗅覚というのは脳に直結しているために、いい匂いを嗅ぐと脳にその効果が直接行きます。だからこそ脳が司る心身をリラックスさせたり体に良い影響を及ぼしたりするのです。

実際、昔から香水が発展したヨーロッパではアロマテラピーで健康保険が効くケースも多いのです。海外でどれほど『香り』が大きな力を持っているのかがわかります。

アロマテラピーは種類によって発揮する効果も変わってきます。イライラにはカモミール。ほてりにはペパーミントなど、症状にあったアロマを選びましょう。

また、アロマは専門店に行き、アロマテラピストに相談に乗ってもらうのが一番です。どのアロマがどんな効果を発揮するのか。どんな使い方がいいのかなど教えてくれますよ!

女性ホルモンを意識したアロマを使いたいのなら、ローズやゼラニウムなどを使いましょう。

基本的にはアロマポットに入れて香りを楽しむ以外にも、ハンカチなどにしみこませて気分を落ち着かせたりお風呂に入れるなど用途は様々あります。是非ともいろんな方法を試してみましょう!

アロマテラピーの持つ効果

  • 女性ホルモンの乱れと症状
  • ホルモン補充療法とアロマテラピー
  • アロマテラピーの効果とは?
  • 匂いによって効果は変わります


いい香りを傍に置くことで、毎日を明るく過ごしましょう!

読み上げ時間:約135秒/斜め読み時間:約35秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。