更年期症状はこれで怖くない!大人女子の為の「新たなステージに進むための準備期間」だと思ってください!

更年期の症状の考え方とは?

大人の女性に閉経期が訪れるのは、40代半ばから50代前半が平均とされています。とはいっても個人差は大きいため、この平均はあまり気にする必要はありません。

また、閉経はいずれ訪れる自然現象。大人女子が必ず通る道でありますから、悲観的に受け取ったり、不安に思う必要はありません。

腹痛や体調不良等の毎月の負担から解放されたと考えれば、より自由により明るく行動することができますよ!

更年期が嫌だという大人の女性の意見の多くは、美人ホルモンである女性ホルモンの分泌量が変化するため。閉経期前後の数年間は、ホルモンの乱れにより体調不良を起こしやすくなります。


女性ホルモンが減ることで、ほてりや肩こり、冷えや目眩。イライラして怒りっぽくなったり、気分が沈みがちになってしまいます。これがいわゆる「更年期障害」です。更年期による症状というのは起きて当たり前ですが、こんな風に『障害』というネガティブな言葉でくくるのは何だがナンセンスにも感じてしまいます。

更年期の症状は怖くありません!なぜなら妊娠や出産という大人の女性にしかできない大きな役割を果たした後に、新しいステージへと進む為の準備期間だと思いましょう!更年期の症状というのは、生活習慣の改善や気持ちの持ち方で改善できます。食事の質に気を配り、睡眠をしっかりとりましょう。

日頃から健康思考を忘れないことが更年期をかろやかに乗り切るための秘策だと言えます。ストレスを溜めないように、我儘になりがちな自分も許してあげましょう。

部屋でゴロゴロするのではなく、新たな趣味を探しに行ったりするのも素敵だと思いませんか?毎日の自分の体に気を配りつつ、わくわくとした好奇心を枯らさないようにしましょう!

それでも更年期の症状がひどい気がする際は、更年期専門外来というものがありますし増えてきました。そういった外来に頼るというのも一種の手です。

更年期の症状の考え方とは?

  • 大人女子に必ず訪れる閉経
  • 更年期障害はホルモンバランスの乱れから
  • 更年期とは新たなステージの準備期間
  • 外来に頼るという選択肢


物は考えようです。女性としてどんなふうに生きるかが大切。

読み上げ時間:約135秒/斜め読み時間:約34秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。