収入減でも安心!お金のかからない老後の趣味として、毎日を充実させてくれる読書はいかがでしょうか?

老後の趣味と読書の話

貴方は、積極的に図書館へ足を運びますか?

学生時代の時は受験勉強をするために、よく足を運んでいたという方も多いでしょう。

しかし、大人になれば図書館に足を運ぶ機会など、めっきり減ってしまいますよね?

私自身、学生時代は校内の誰よりも本をよく読む人間でした。

しかし、それは学校に図書室があったからであって大人になったら本をあまり読まなくなったのです。


あんなに本が大好きだったのに、読むことがめっきり減ってしまって、なんだか勿体なくも感じます。

だからこそ、時間を持て余す頃になったなら、図書館に足を運び、大人の女性にはたくさんの本に触れて読書を楽しんでほしいと思います。

年金生活になれば、働き盛りだった時代よりもお金が少なくなるために、お金をかけない趣味だからおすすめするという理由もあります。

本に触れると、感受性が高まる・知識が豊かになるとよく言われます。確かにそれもありますが、私が本を勧める理由は単純に「楽しいから」です。

文字を追えば、その世界にのめりこみ、時を超え、知らない世界や現実世界にはない世界にさえ飛んでゆけます。

とはいっても、本をオススメされたからと言っていきなり読むことができるわけではありません。

まずは少しづつ頑張って読むようにすれば、だんだん続きが気になってゆきページをめくる手が止まらなくなるはず。

手にする本はなんでも構いません。面白そうな小説や伝記、心理学のことを書いた本などなんでも構わないのです。

とにかくたくさん本を読んでみてください。

本を読むと、まるで恋に落ちたかのように「これだ!」と思える本に出会えるはずです。

そういった本にあったなら、その本を書いた作者やその本に似たジャンルのものを手に取って読んでいってみてください。

こうして本を読んでいくうちに、いつの間にか自分の生活に彩りが増すのがわかります。

沢山の時間を与えられる老後のために、好きな本を今のうちに集めておくのも、ワクワクとして楽しいものですよ?

老後の趣味と読書の話

  • 老後破産とはどういうものか
  • 迎える老後は穏やかでゆとりあるものがよい
  • 貯金は生活の質を上げてくれる
  • 『時は金なり』沢山の体験を
  • 『実りのある投資』は感性を磨いてくれる


読書は小旅行。心をワクワクさせることで、人を美しく磨いてゆく。

読み上げ時間:約141秒/斜め読み時間:約34秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。