おひとりさまミセスは、群れから卒業した素敵な女性

老後の楽しみ

大人女子の中には、「女のこういうところが嫌い」というものの一つに、群れるところと感じる人が多いそうです。

確かに、学生時代を振り返ってみれば「トイレ一緒に行こう~」と誘う女子というのは多いもの。

男性曰く、女性のよくわからない行動の一つでもあったのだとか。

女性は群れで行動する傾向というのがとても強いもの。

買い物や食事、映画などに行く際も、誰かに声をかけようとするものです。

友達というのはとても大切なもので、大事にするべきです。

しかし、もはや友達や夫や子供など、誰かと一緒にいないと嫌だといった風に、人に依存するのは考え物です。

ミセスと呼ばれる年齢になったら、一人の時間も楽しめる存在になっておく必要があります。

人と群れるという学生時代から変わらない行動を卒業し、一人の時間だって積極的に持つくらいの心持ちでいるべきでしょう。

孤独というのは決して悪い意味を持つものではなく、人にとっては不可欠な時間でもあります。

人は、一人の時間を持つことで自分自身と向き合えるというもの。

一人の時間を作ることで、自分が何をしたいのか、どう生きたいのかハッキリさせます。

よく、バーなどで一人でお酒を飲む女性というのがいらっしゃいますが、その姿は幾つになっても美しいものです。

人の目を気にせずに、自分らしい美しさを知って、思うままに実行できる。

そういう女性は、「いい女」なのです。


自分に自信をもって一人で行動できる女性だからこそ、友達や家族との時間を楽しめます。

読み上げ時間:約103秒/斜め読み時間:約26秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。