若い頃の仕事をもう一度 – 第二の人生体験レポート

006

第二の人生で、もう一度昔の仕事を再開された大人女子の方の体験談をご紹介いたします。

若い頃、美容店で美容師として働いていました。

結婚をしましたが、初めは仕事と子育てを両立させようとしていました。

しかし、子育てとハードな仕事をしているうちに倒れてしまい、退職を決意。

そして家事や育児をこなすうちに、子供は大きくなって自立しました。

仕事をしたいなと思っていたらある日、高齢者宅へ、ヘアカットの出張サービスを行っている人がいることを知りました。

美容院を自分で開くには、資金が足りない。

そのためにも、軽自動車に用具を詰めて、出張美容院を開いたのだとあったのです。

料金も、年金暮らしの人のために安く設置。

カットと髪のセットを行っているのだと知った時に、これだ!と思いました。

そしてデイサービスセンターに声をかけて、希望者にボランティアのカットを始めたのです。

するとこれが好評になりました。

長いこと、家族や友人の髪をカットする程度だったのに、昔の働き盛りの頃の気持ちが湧き、楽しくなってきたのです。

今は、夫が定年退職をするまで、ウォーミングアップとしてこのボランティアを行っています。

現在は、簡単にできるヘアセットの方法や、おじいさんおばあさんによく似合うであろう髪型も考えて勉強しています。

第二の人生が始まったら、もう一度美容師として返り咲こうと意気込んでいます。


かつての天職で若い頃の自分を取りもどし、輝く女性へ。

読み上げ時間:約100秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。