死別するかも、自由に生きるためにも万が一に備える。

004

大人女子の方々、オペレッタ「メリー・ウィドウ」をご存知でしょうか?

オペレッタとは「小さいオペラ」のこと、日本では喜歌劇とも呼ばれます。

原題のドイツ語の「ルスティゲ・ヴィトヴェ」を日本語に訳すと「陽気な未亡人」という意味を持ちます。

パリを舞台に、老富豪の未亡人であり主人公ハンナと、愛し合う中でありながらも身分違いのために結婚できなかったダニロ。

ハンナが異国に次ぐ気にならぬよう、膨大な遺産を他国に出さまいとダニロとハンナを結婚させようとするツェータ男爵。

ツェータ男爵の妻ヴァランシエンヌとパリの色男カミーユ達が織り成す、夜会でのどたばたとした喜劇です。

「陽気な未亡人」とあるように、伴侶を失っても女性は光り輝くような強さと軽やかさを持っています。

女性の平均寿命は、今とても長いです。

そもそも女性の体には月の満ち欠けがあるために、男性よりも病気が治りやすいです。

今の男性の平均寿命は80歳ほど、女性よりも6年は短いのが現実。

そのうえ夫のほうが年上なら、十数年は一人で老後を迎えるという人も多いです。

死別したときに、問題になるのはお金です。

夫が亡くなったときに、受け取れるお金は半分に減ると考えた方が無難だと思います。

夫婦二人で生きていて、それが一人になったから半分でも大丈夫だという考えは甘い。

なぜなら光熱費や土地代などは半分に減るわけではないのです。


万が一に備えてお金は必要、でもたっぷりある老後の時間を楽しく過ごすためなのだから前向きに。

読み上げ時間:約103秒/斜め読み時間:約26秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。