第二の人生とは、もう一度自分らしく生きれる人生

001

20代は今まで歩んできた人生から、己の基礎を固める歳。

そして30代から40代は、自分だけの人生ではなくなるために、若いころに比べてより一層忙しい時期に入ります。

そして50代。働いている方なら仕事を20年以上のキャリアをもち、頼られるようになる存在になります。

結婚されている方なら子供も自立し、夫との関係も穏やかに日々過ごしていることでしょう。

また、孫が生まれだすのもこの時期からになります。

つまり、大人女子としてかせられていた義務から解放されるようになり、一息つくことができる歳になるというわけです。

これからは「自分が楽しいこと、好きなことをしてもいい日々」が始まるのです。

まるで子供のころに戻ったようだと思うかもしれません。

むしろ、親や学校という様々なものに縛られていたころよりもずっと、自由になれるはずです。

自由な時間と、自分のためのお金の2つがそろえば、自分らしい人生が始まります。

それを自覚したのなら、幼いころの自分の夢をかなえるチャンスでもあります。

田舎暮らしをしてみたかった人、世界中を旅行してみたかった人など、様々でしょう。

しかし気を付けてほしいのが、この自覚がないと普通の、疲れたようなお婆さんになってしまうということです。

ダラダラと過ごすようになるのか、それともかつてやりたかったことを行うのか。

どうか、自分らしく生きるチャンスを逃さないでほしいと思います。


幼いころの夢をかなえるチャンス到来!あなたはこれから、長い人生どう歩もうと思いますか?

読み上げ時間:約105秒/斜め読み時間:約24秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいセカンドライフのアレコレを紹介

可愛くて素敵なお婆さん。こういう女性に、最近出会う機会というのが増えてきたように思えます。お化粧が素敵な人、立ち振る舞いに気品あふれる人、一緒におしゃべりをして元気をもらえる人など様々。年齢を重ねる手並みは鮮やかに、顔のしわやシミさえ華やかです。現代日本に生きる女性の皆様は、「人生90年時代」を軽やかに生きるようにもなりました。美しく、可愛らしいお婆さんでいるためには、ある程度人生を生きてきた大人女子として、今どうするべきか。そして、お婆さんと呼ばれる年になったときに、どんなことがあるのか。楽しく、そして確かな情報としてお話させていただきます。