未経験でも大丈夫!高齢社会を支える介護職には欠かせない、介護事務とはどういう仕事なのでしょうか?

多忙な介護職を支える頼もしいサポート係・介護事務。

これからの社会、ニーズ高になってゆく介護職。それを支える介護事務

介護事務:難易度 ★★☆☆☆

超高齢社会と呼ばれる今、介護関係の仕事というのはニーズが高い職種です。

介護。と一言で言っても様々な職種があります。例えば介護現場に笑顔をもたらすレクリエーション介護士。

介護が必要な方の相談により、介護のケアプランをたててゆくケアマネージャーなど様々です。

しかし、どんな会社であれ職種であれ、事務業というのは必要不可欠になりますよね?その介護の事務業が今回の『介護事務』になるのです。

介護事務は、介護保険施設などでデスクワークで介護業界を支える大変重要な職種です。

介護事務の仕事内容とは、どういったものなのでしょうか?

介護職の頼もしいサポート役

業務内容は大きく分けて2つあります、1つは「介護報酬請求業務」という業務。「介護給付費明細書」を作成し、その内容の点検後、保険者に請求する業務です。

この業務は非常に大切なもので、内容に誤りがあれば、もちろんお金は正しくもらえませんから、責任ある業務となります。

もう一つの業務はケアマネージャーのサポートです。介護のケアプランをたててゆく仕事をするケアマネージャーは、介護業務の中でも忙しい職です。

そんなケアマネージャーを支える専門スタッフのような仕事を行います。サービス利用者である家族の対応や、様々な関係者へ連絡を取ることで円滑にサービスを進めてゆくのです。

介護は激務だというイメージが強いかもしれませんが、介護事務はデスクワークが中心となるために、長く安定して働けます。

介護利用者が年々増加してゆく中、今後ニーズ高必須な注目職といえます。また、介護的な知識や介護保険についても知識が身につくために、いざ家族がという際に非常に役に立ちます。

子供が学校に行くようになって、再就職をしたい、介護や福祉の仕事に興味がある、スキルを身に着けて働きたい。そんな思いを抱く大人女子には、是非とも狙ってほしい職業です。

多忙な介護職を支える頼もしいサポート係・介護事務。

  • 高齢化社会でニーズ高になってゆく介護職のサポート役。
  • デスクワークの面から介護職を支える重要な職。
  • 介護事務の仕事内容とは、どういう物なのでしょう?
  • 介護事務は激務である介護職でも、長く安定して働けます。


これからの社会、介護職が求められる時代だからこそ狙っておきたい資格といえます。

読み上げ時間:約134秒/斜め読み時間:約28秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい資格のアレコレを紹介

大人女子のキャリアアップのために資格を身に付けたいと思う女性は多いもの。学生のころに戻れるなら…って夢を持ち続けるのが素敵な女性です。その夢を、後押ししてくれるのが資格。資格は就活や転職をより有利にしてくれたり、日常に輝きをもたらしてくれるもの。趣味として、仕事として。いろんな形でかつて憧れた夢を、今憧れている夢を追いかけてみたい!