転職を考える大人女子が狙うべき資格です。宅地建物取引士は役立つ資格ナンバーワン!

宅地建物取引士の資格の話

宅地建物取引士:難易度 ★★★★☆

使い方は万能な有力資格であり、どんな資格を取ろうか迷ったらまずはこの資格を目指してみてください。

そう高らかに謳われるのが「宅地建物取引士」の資格です。

宅地建物取引士とは、通称「宅建士」の省略で広く知られています。

気になる仕事の内容は、土地や建物の不動産売買や、アパートなどの賃貸の仲介に不可欠な存在。


そういった仲介業者などには、必ず事務所に1人以上の宅地建物取引士がいなくはいけなくて、いないのなら業務が継続できなくなってしまいます。

不可欠な存在であるからこそ常にニーズは高く、今や取得しておきたい強力な国家資格だともいえるわけです。

この資格がどうしてここまで強いでしょうか?その秘密は大きく2つあります。

「有資格者にしかできない独占業務があるから」「在宅業者では5人に1人以上の割合で有資格者を置く”設置義務”がある」

だからこそ、就職や転職への非常に有効な武器になります。ではこの有資格者にしかできない独占業務とは、いったい何なのでしょうか?

1つ目が、不動産の買主や借主などへ、契約前に物件や取引条件などの重要項目を納得してもらえるように説明をすること。

2つ目が、説明内容を記載した書面を作成し、その内容に責任を持つという意味を込めて押印をすること。

3つ目が、37条書面というものを稀有薬成立後すぐに作成し、掲載内容に間違いがないかを確認し、記名押印をすることです。

それに銀行などの金融業界や建設業界といった幅広い業界でも求められているのです。実際に調べてみると、多くの業界で資格手当の対象になっている資格でもあります。

また、独立開業をしようと思っている方にも、比較的少ない投資で可能となるために取っておいてほしい資格でもあります。

宅地建物取引士の資格の話

  • 今最も取りたい資格の1つ
  • 宅地建物取引士は不可欠な存在
  • 強力な国家資格の理由
  • 宅地建物取引士にしかできない仕事
  • 独立したい方も取っておくべき


何か資格が取りたいな…、それなら宅地建物取引士を目指すべき!

読み上げ時間:約124秒/斜め読み時間:約35秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたい資格のアレコレを紹介

大人女子のキャリアアップのために資格を身に付けたいと思う女性は多いもの。学生のころに戻れるなら…って夢を持ち続けるのが素敵な女性です。その夢を、後押ししてくれるのが資格。資格は就活や転職をより有利にしてくれたり、日常に輝きをもたらしてくれるもの。趣味として、仕事として。いろんな形でかつて憧れた夢を、今憧れている夢を追いかけてみたい!